きたみらい牛(北海道)

北海道の道東・オホーツクエリア、置戸町で生産される銘柄牛

概要

品種は黒毛和種とホルスタイン種を掛け合わせた交雑種。

置戸町産の牧草・豊富な天然水等を十分与え、飼料も安全なものだけを使用。

衛生管理・病気治療などにも力を入れ、肥育環境を整えストレスを減らし、飼料もバランスよく給与するなど、良質の肉牛生産に取り組む。

特徴としては、適度なサシ(脂肪)と柔らかさを持ち、締まりもよく、味は濃厚美味で和牛の特質に近いものを持つ。

年間出荷頭数

約220頭

ブランドの定義

交雑牛 黒毛和種×ホルスタイン種

素牛は置戸町産および近隣町村産の子牛

JAきたみらい管轄内農家での27カ月間肥育

枝肉規格B2以上

関連名物

人間ばん馬大会

置戸町の名物イベント。チームでそりを曳く競争大会。

オケクラフトセンタ-「森林工芸館」

オケクラフト、草木染め、手作り雑貨などを展示・販売。

 

>>北海道のお肉・畜産物のページに移動

 

スポンサーリンク

外部リンク

銘柄牛肉検索システム/きたみらい牛

ブランド情報、推進主体など

JAきたみらい

特産品情報など

置戸町

町の公式ページ

置戸町/観光案内

観光情報やイベント情報など

 

スポンサーリンク

 

タグ: ,