寿都の生炊きしらす

昔ながらの製法で作られる佃煮は、町の名産となっている。

紹介

北海道寿都町の沿岸では、春になるとコウナゴ(シラス)がとれる。

鮮度がすぐ落ちるため佃煮にしたのが始まり。

水揚げされたコウナゴの調理はスピード命。

一気に炊き上げ、味付けを行い、町の名産となる。

町内には加工業者が複数あり、加工を行っている。

ニシン量が盛んだった頃に始まり、今も続く伝統の味。

旬は春

関連名物

寿都のホッケ

水揚げが多く、町の名物になっています

寿都のホッケめし

名物のホッケをつかったご当地グルメ

寿都の寿かき

寿都のブランド牡蠣

寿かき・ふるさと祭り

寿かきをメインにしたイベント

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/石狩・後志・檜山・留萌・川上

外部リンク

生炊きしらす佃煮

町のサイトの特産品紹介

寿都町漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

寿都漁協 直売所

寿都漁協のオンラインショップ

寿都町

自治体公式サイト 観光情報もこちらから

タグ: