釣りタラコ「紅乙女」

鮮度を大事にした名物タラコ

紹介

北海道乙部町のスケトウダラは、網ではなく延縄漁で水揚げされる。

沢山の針で一匹ずつ釣り上げるため、鮮度が保たれる。

この鮮度のよさを活かしたタラコが、釣りタラコと呼ばれ、

「紅乙女」の名でブランド化されている。

幻の近海タラコとも評され、珍重される。

普通のタラコのほか、辛子明太子やしょうゆ漬け、

ワイン辛子明太子などのバリエーションがある。

ひやま漁協の紹介

上ノ国町、江差町、乙部町、八雲町、せたな町、奥尻町、乙部町と

北海道南西部の広いエリアをもつ漁協。

夏のイカ・冬のスケトウダラを中心に

沢山の種類の魚が水揚げされるほか、

タラコやイカなどの加工場も多数。

アワビやマスなどの育てる漁業にも注力している。

関連名物

奥尻あわび

北の海育ち 小ぶりながら凝縮の味わい

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/石狩・後志・檜山・留萌・川上

外部リンク

ひやま漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

ひやま漁業協同組合(JF)

アクセス情報やショッピング情報など

乙部町

自治体公式サイト 観光情報もこちらから

Google検索 「釣りタラコ 紅乙女」

タグ: ,