奥尻のウニ

奥尻島の夏を代表する名物。

紹介

北海道奥尻町ではウニが名物となっている。

近海は海藻類の宝庫であり、そこで育ったウニは

香りと甘さに定評がある。

養殖ものの旬は大体5~8月の夏場、

天然ものは更に短く7~8月の約一ヶ月。

年によっては、早だしウニが楽しめることも。

奥尻島のキャラクター「うにまる君」のモデルにもなっており、島を代表する名物。

食べ方はやっぱり生ウニ丼。たっぷり載せて強い旨さを楽しむ。

奥尻漁協の紹介

アワビ養殖、天然ウニと養殖ウニに力を入れている。

他にもイカ・タコ・ワカメなどが水揚げされ、加工品も多数。

関連名物

奥尻のアワビ

年間を通し食べられる奥尻島の名物

奥尻なべつるカレー

アワビなど島の食材を使ったカレー

奥尻ブイヤベース

海の幸たっぷり 島の旨味が詰まったスープ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/石狩・後志・檜山・留萌・川上

外部リンク

奥尻島観光協会

島の紹介やグルメ情報など

奥尻町

自治体公式サイト

ひやま漁業協同組合

漁協の紹介 アクセス情報や問い合わせ先

Google検索 「奥尻 ウニ」

タグ: ,