知内真子鰈

知内町で取れるマコガレイ。

津軽海峡に流れ込む暖流のおかげで

知内周辺でもマコガレイが獲れる。

ニラ・カキに並ぶ、知内の名物。

ブランド化にも取り組む。

紹介

マコガレイは、北海道知内町の名物の一つ。

知内のマコガレイはすべて天然物。

春から冬の始まりまで水揚げされる。

知内町の面する木古内湾は、渡島半島の南にある

津軽海峡に面した湾部で、津軽暖流の影響を受ける。

水温が比較的高めとなり、マコガレイの生育に適した環境。

北海道では、木古内湾から函館湾の地域に生息し、

ここらへんがマコガレイの北限となっている。

ブランド化

大分のブランド魚、城下カレイに負けじと活動中。

小さなものは捕らず、出荷規格の統一化を図り、

活魚として鮮度を維持したまま出荷できる体制づくりも行う。

PR活動や釣り大会なども行われる。

旬・食べ方

4月から12月ごろまで水揚げされる。

夏は栄養を蓄えるため身が肥えるので、刺身などに。

上品な味わいと脂のノリが楽しめる。

秋冬は産卵に向け、卵持ちカレイとなる。

秋冬は、定番の煮付けがオススメ。

上磯郡漁協の紹介

渡島半島の南端、津軽海峡に面する。

色々な水産物が水揚げされるが、育てる漁業にも力を入れる。

マコガレイ・カキ・ホタテ・コンブ・ウニ・アワビなどが取れる。

知内町の紹介

知内(しりうち)町は、函館市と松前町の中間ぐらいに位置する。

町名はアイヌ語のチリ(鳥)・オチ(居るところ)から。

漁業主体で、マコガレイと牡蠣が有名。

北島三郎の故郷としても知られる。

関連名物

知内カキ

外海養殖でぷりぷりの牡蠣

上磯の海峡育ち

津軽海峡で育つ豊富な水産物をブランド化

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

上磯郡漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

上磯郡漁業協同組合

特産のマコガレイやカキの紹介など

北海道知内町

自治体公式サイト

Google検索 「知内 マコガレイ」

タグ: ,