函館舞歌

イカの町、函館。

紹介

函館市は古くからスルメイカの水揚げ地として有名。

北海道ではスルメイカのことをマイカとも呼ぶ。

三方を海に囲まれ、津軽海峡から太平洋に至る。

好漁場が広がり、道内でも有数の水揚げ量を誇る。

様々な海の幸がある函館だが、

その中でもマイカの存在感は際立ち、

北海道でダントツトップの水揚げ量。

津軽海峡で行われるイカ釣り漁船の明かりは、

函館の風物詩となっている。

イチオシの特産として、

「函館舞歌(はこだてまいか)」の名でブランド化も行われている。

マイカの水揚げされるときに飛び跳ねるさまから「舞」、

また、キュッキュッと鳴く声から「歌」。

マイカから舞歌へ。オシャレな感じアップ。

鮮度のよさから色々な食べ方が楽しめ、

水揚げ量の多さから加工業も発達。

食事にお土産にと活躍している。

函館を代表する名物としてイベント参加も多い。

函館市の市の魚にも指定されている。

観光キャラクター イカール星人 としても活躍。

旬・食べ方

マイカのおいしい時期は初夏から始まる。

豊富なえさで育ったマイカは旨味が増す。

しっかり太りながら、身がしまってコリコリと評判。

漁場と港が近いことも新鮮さの面で、強みのひとつ。

食べ方としては、鮮度を活かした

イカ刺し や イカソーメン などがオススメ。

踊り食い的な食べ方も産地ならでは。

有名なイカメシにも使われる。

炙ってもうまい。煮付けにしても良し。

カレーやトマト煮などに入れてもグッド。

定番のスルメや塩辛などもオツマミにぴったり。

量も取れるし使い道も様々。食卓の強い味方。

イベント

函館いか祭り

2014年に初開催。イカづくしのイベント

函館港まつり

函館の夏祭り。名物のイカ踊りが行われる。

函館市漁協の紹介

渡島半島の南東部で漁業を行う。

イカが主力。昆布の生産にも力を入れる。

函館市の紹介

津軽海峡・太平洋・噴火湾に囲まれ、

イカや昆布などの漁業や海運の盛んな町。

イカの町、鮨の町として有名。

五稜郭やトラピスチヌ修道院、歴史的な町並み、

温泉や海岸線に火山、競馬場、などなど観光資源も多数。

南北海道・函館観光圏の中心となっている。

関連名物

真昆布

昆布の中でも高級品 函館が主産地となっている

おとひめ昆布

若い真昆布、やわらかくサラダ等に向く

函館のゴッコ

プルプル系のさかな 鍋が名物

函館戸井のババガレイ

眼前の好漁場でとれる冬の名物

海峡根ぼっけバキバキ

鮮度を大事にしたホッケ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

函館市漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

函館市漁業協同組合

漁協のサイト 函館のおさかな紹介など

函館市公式観光情報

観光情報やグルメ情報など

北海道函館市

自治体公式サイト

Google検索 「函館 イカ」

タグ: ,