ガゴメコンブ

強い粘り気が人気の函館新名物

紹介

北海道の渡島半島南部、函館市周辺に生息。

長さは2mほど、幅は50cmにもなる肉厚の昆布。

表面にある模様が特徴的で、竹カゴの編目のようなデコボコを持つ。

その特徴から、カゴの目コンブ→カゴ目昆布→ガゴメコンブ、と

呼ばれるようになった。略してガゴメだけでも通じる。

出汁向きではないため、昔は

とろろ昆布などの加工用に使われる程度であった。

ガゴメは、とても強い粘り気を持つが、

その成分が分析され、隠していた効果がばれてしまい、

一躍人気コンブの仲間入りを果たす。

人気の出た当初は天然物だけだったが、

需要の伸びや環境の変化などもあり、取れる量が減少。

今では増養殖も行われ、安定した供給がなされている。

人気の秘密

粘り気・ヌルヌルの元となる成分、

フコイダン・アルギン酸カリウム・ラミナランなどは

生活習慣病の予防に効果がある成分とされ、

おなかの調子を整える効果も期待される。

ガゴメはこの成分が他の昆布に比べ非常に多く、

またミネラル分も多く含むため、食べれば健康にいいとされる。

一回大量に摂れば健康に、とはならないので注意。

食べ方

出回る形態はおもに乾燥状態。

ガゴメを水につけてつくるのが昆布水。

なめらかな口当たりの水になる。

水で戻して、刻んでそのまま食べてるスタイルがメイン。

ものすごいネバトロ感が楽しめる。

松前漬に入れてみたり、納豆に混ぜたりする。

浅漬けや刺身と和えるレシピもある。

とろろ昆布などに加工されるほか、

お菓子やスイーツなどにも利用され、

函館の名物のひとつとなっている。

函館市の紹介

津軽海峡・太平洋・噴火湾に囲まれ、

イカや昆布などの漁業や海運の盛んな町。

イカの町、鮨の町として有名。

五稜郭やトラピスチヌ修道院、歴史的な町並み、

温泉や海岸線に火山、競馬場、などなど観光資源も多数。

南北海道・函館観光圏の中心となっている。

関連名物

函館舞歌

函館といえばマイカ

真昆布

昆布の中でも高級品 函館が主産地となっている

おとひめ昆布

若い真昆布、やわらかくサラダ等に向く

函館のゴッコ

プルプル系のさかな 鍋が名物

函館戸井のババガレイ

眼前の好漁場でとれる冬の名物

海峡根ぼっけバキバキ

鮮度を大事にしたホッケ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

函館がごめポータルサイト

ガゴメに関するいろいろな情報

がごめ昆布 ねばねば本舗

ガゴメの通販など

函館市漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

銭亀沢漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

南かやべ漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

えさん漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

函館市公式観光情報

観光情報やグルメ情報など

北海道函館市

自治体公式サイト

Google検索 「函館 ガゴメコンブ」

タグ: ,