函館のゴッコ

まん丸に太ったプルプル系のおさかな

紹介

北海道函館市の戸井や恵山でよく取れる魚。

まんまるい形をしていて、体表はヌルプヨな感じ。

おなかに大きな吸盤を持つのが特徴。

大きさは30cmくらいになる。

その見た目のふくよかさから七福神の布袋様になぞらえ、

ホテイウオの名を持ち、北海道ではゴッコと呼ばれる。

基本的には深海に生息し、

産卵期に沖合いの浅いところへやって来るので、

そこを狙って漁に出る。

旬や食べ方

旬は産卵手前の冬場。

食べ方としては、鍋で食べるほか、生干しもある。

生干しは、塩焼きなどにして食べたり、煮付けにしたりする。

鍋にするとおいしく、函館冬の風物詩のひとつ。

巨大な卵をもち、それが人気のため、

オスメスで値段が全然違う。

オスもおいしいので、セットで食べるのがヨロシイかと。

皮も身もプルプルで、ゼラチン質を多く含む。

身の味わいはあっさり淡白。皮も食べられる。

肝はアンコウに劣らず美味。

白子もまったりとしてウマイ。

一部の内臓を除き、ほぼ全身たべられる。

鍋の作り方としては、

体表を良く洗い、卵や内臓を取り出す。

身はぶつ切りにし、湯がいてヌメリを落としておく。

合わせる具材は、豆腐や長ネギ、大根などの根菜類、岩海苔など。

昆布出汁をベースに、しょうゆ味・味噌味ともに合う。

卵がバラけて無数に浮かぶ様がゴッコ汁の特徴。

栄養価も高くコラーゲンもたっぷりの鍋。

イベント

恵山ごっこまつり

主役のゴッコ汁のほか、生干しの焼き物なども楽しめる。

から揚げや鉄板焼きなどもあるゴッコ尽くしなお祭り。

函館市の紹介

津軽海峡・太平洋・噴火湾に囲まれ、

イカや昆布などの漁業や海運の盛んな町。

イカの町、鮨の町として有名。

五稜郭やトラピスチヌ修道院、歴史的な町並み、

温泉や海岸線に火山、競馬場、などなど観光資源も多数。

南北海道・函館観光圏の中心となっている。

関連名物

函館舞歌

函館といえばマイカ

真昆布

昆布の中でも高級品 函館が主産地となっている

おとひめ昆布

若い真昆布、やわらかくサラダ等に向く

ガゴメコンブ

強いネバトロが人気の昆布

戸井の活〆鮪

鮮度に自信のブランドマグロ

函館戸井のババガレイ

眼前の好漁場でとれる冬の名物

海峡根ぼっけバキバキ

鮮度を大事にしたホッケ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

戸井漁業協同組合

漁協の紹介 ゴッコ汁のレシピも掲載

えさん漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

函館市公式観光情報

観光情報やグルメ情報など

北海道函館市

自治体公式サイト

Google検索 「函館 ゴッコ」

タグ: