戸井の活〆鮪

津軽海峡育ちのブランドマグロ。

紹介

北海道函館市は津軽海峡に面し、

マグロの水揚げも多く、名物のひとつに挙げられる。

中でも戸井漁協はマグロの鮮度にこだわりを持ち、

市場での評価も高いブランドマグロとなっている。

戸井のマグロ漁

漁法は延縄がメイン。

初夏の6月から12月までが漁期。

8・9・10月にピークを迎える。

イカなどの豊富なえさを食べ脂の乗ったマグロは格別。

夏から秋にかけてのマグロが旨いとされるが、

鮮度の敵の温度・水温もまた高い時期。

鮮度維持・品質管理ができるかどうかで大きく味も変わってしまう。

釣り上げられたマグロは、迅速な処理が鮮度のカギ。

すばやく血抜きし、手早く氷詰めにする。

この処理の巧さが、戸井のマグロが評価されるポイント。

「北海道戸井船団 活〆鮪」のラベルが貼られ、

食べ方

鮮度のよさを味わうなら、やはり鮨や刺身。

香り高く、味わい深い。

鮨の町、函館を支える柱のひとつ。

産地ならではとしては、様々な部位が楽しめるのも強み。

函館市の紹介

津軽海峡・太平洋・噴火湾に囲まれ、

イカや昆布などの漁業や海運の盛んな町。

イカの町、鮨の町として有名。

五稜郭やトラピスチヌ修道院、歴史的な町並み、

温泉や海岸線に火山、競馬場、などなど観光資源も多数。

南北海道・函館観光圏の中心となっている。

関連名物

函館舞歌

函館といえばマイカ

真昆布

昆布の中でも高級品 函館が主産地となっている

おとひめ昆布

若い真昆布、やわらかくサラダ等に向く

ガゴメコンブ

強いネバトロが人気の昆布

函館のゴッコ

プルプル系のさかな 鍋が名物

函館戸井のババガレイ

眼前の好漁場でとれる冬の名物

海峡根ぼっけバキバキ

鮮度を大事にしたホッケ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

戸井漁業協同組合

漁協の紹介

戸井漁協 函館名産市場店

昆布など戸井の名産を販売

函館市公式観光情報

観光情報やグルメ情報など

北海道函館市

自治体公式サイト

Google検索 「戸井 マグロ」

タグ: ,