函館戸井のババガレイ

北海道函館市にある戸井漁協では、

鮮度と肉厚さで評判のババガレイが名物となっている。

ババガレイの煮付けは、年末年始の風物詩のひとつ。

ババガレイについて

表面の見た目が悪くまだら模様、

粘液も多くてヌルヌルたぷたぷ。

肥った老婆みたいなので、ババ・カレイ。

なんともひどいネーミングである。

名前の由来は残念だが、味は格別。

表面がよく滑ることから、

滑多鰈(ナメタガレイ)とも呼ばれる。

漁場・漁法

戸井エリアの中心には汐首岬があり、

津軽海峡を挟んだ青森県・大間岬との間は

海峡間でもっとも距離が短い。

潮の流れも荒く、身の締まった水産物が獲れる。

一般的にカレイ類は海の砂泥底に生息するが、

このババガレイは岩礁を好む。

そのため、漁の仕方も網で獲るのではなく、

沢山の釣り針で行う延縄漁。

これには、身が傷むのを避ける効果がある。

網に暴れて擦れたり、魚同士でぶつかったりしないため。

また、仕掛けから釣り上げるまでの時間を短くすることで、

暴れて鮮度が落ちるのも防ぐ工夫も行われる。

海峡の強い流れの中で育った身の厚さと締まりの良さ、

鮮度を失わずに水揚げされる漁法との組み合わせにより、

戸井のババガレイは高い評価を得ている。

旬や食べ方

漁期は主に、冬と初夏。

特に産卵期前の卵持ちとなる1・2月のメスが好まれる。

大きく卵持ちだと、高値となる。

食べ方はやはり、冬場の卵持ちの煮付けがオススメ。

醤油ベースでの煮付けが主流。

煮付けることで、身が締まり程よい食感となり、

あっさりした中に上品な旨さを感じられる。

パンパンに詰まった卵の味わいは格別。

細かな無数のプチプチ感が楽しめる。

北海道や東北では、昔から年末になると

ババガレイの煮付けを食べるという家庭が多く、

この時期は値段もグンと上がる。

初夏のババガレイは刺身もオススメ。

脂の乗ったふくよかな身の味わいを楽しめる。

焼き魚にしてフワフワの身を味わうのも良し。

漁協の紹介

北海道函館市にある戸井漁協は、

津軽海峡に面し様々な水産物が水揚げされる。

さらに鮮度にこだわることで有名。

マグロやババガレイ、ゴッコなどが獲れる。

高級昆布の生産地としても名高い。

函館市の紹介

津軽海峡・太平洋・噴火湾に囲まれ、

イカや昆布などの漁業や海運の盛んな町。

イカの町、鮨の町として有名。

五稜郭やトラピスチヌ修道院、歴史的な町並み、

温泉や海岸線に火山、競馬場、などなど観光資源も多数。

南北海道・函館観光圏の中心となっている。

関連名物

函館舞歌

函館といえばマイカ

真昆布

昆布の中でも高級品 函館が主産地となっている

おとひめ昆布

若い真昆布、やわらかくサラダ等に向く

ガゴメコンブ

強いネバトロが人気の昆布

函館のゴッコ

プルプル系のさかな 鍋が名物

海峡根ぼっけバキバキ

鮮度を大事にしたホッケ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

戸井漁業協同組合

漁協の紹介

戸井漁協 函館名産市場店

昆布など戸井の名産を販売

函館市公式観光情報

観光情報やグルメ情報など

北海道函館市

自治体公式サイト

Google検索 「戸井 ババガレイ」

タグ: ,