おとひめ昆布

春先に取れる若くやわらかな昆布。

まるで羽衣のような軽やかさと、

豊かで上品な甘さをもつことから、

おとひめ昆布の名が付けられた。

紹介

北海道函館市の椴法華(とどほっけ)地区は、

渡島半島の南東の端にあり、上質な真昆布がとれる。

真昆布の漁期は夏だが、

夏に向け昆布を間引く必要があり、

その際にとれる若い昆布を商品化。

まだ若い昆布のためとても柔らかく、

サラダなどにするのも簡単。

煮物にすればスグ煮える。

時期が早いことから「早出し昆布」、

すぐ煮えることから「早煮え昆布」、などとも呼ばれる。

元が良い真昆布だけに出汁をとってもおいしく、

料理にしても調理しやすく食べやすいため人気となっている。

食べ方

流通するのは乾かした状態。

水で戻してサラダにしたり、

刺身昆布にしたりして食べる。

そのまま煮物にしても良い。

おでんや鍋に入れると旨い出汁が取れ、

柔らかくなるのも早いので調理しやすい。

刻んでスープにいれ、味に深みを持たせても良し。

かきたまスープなどに合う。

歯ごたえ良く、食感のアクセントにもなる。

使い勝手が良く、様々なスタイルで料理の役に立つ。

漁協の紹介

北海道函館市にある、えさん漁協。

最高級の真昆布が取れることで有名。

昆布関連の加工品も多数。

他には鮮度にこだわったホッケや

ゴッコなどが水揚げされる。

函館市の紹介

津軽海峡・太平洋・噴火湾に囲まれ、

イカや昆布などの漁業や海運の盛んな町。

イカの町、鮨の町として有名。

五稜郭やトラピスチヌ修道院、歴史的な町並み、

温泉や海岸線に火山、競馬場、などなど観光資源も多数。

南北海道・函館観光圏の中心となっている。

関連名物

函館舞歌

函館といえばマイカ

戸井の活〆鮪

鮮度にこだわるブランドマグロ

ガゴメコンブ

強いネバトロが人気の昆布

函館のゴッコ

プルプル系のさかな 鍋が名物

函館戸井のババガレイ

眼前の好漁場でとれる冬の名物

海峡根ぼっけバキバキ

鮮度を大事にしたホッケ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

えさん漁業協同組合

漁協の紹介

函館市公式観光情報

観光情報やグルメ情報など

北海道函館市

自治体公式サイト

Google検索 「函館 おとひめ昆布」

タグ: ,