海峡根ぼっけバキバキ

鮮度を大事にしたホッケ

紹介

ネーミングの由来は大きく分けて3つ。

「海峡」

北海道函館のえさん漁協は、津軽海峡を目の前にした漁協。

海流の合流地点にもあたり、豊富なエサでたくましく肥り、

流れの強さから身の締まったホッケが取れる。

「根ぼっけ」

ホッケは基本的にエサを求めて回遊するが、

一定の場所にとどまるホッケの群れもある。

大型で脂の乗りもよく、「根ぼっけ」と呼ばれる。

「バキバキ」

漁協では更に鮮度の良さも求めた漁を行う。

網を投げ入れてから2時間ほどと、

早くに網あげを行うことで身の傷みを抑える。

船上に揚がったホッケをすぐさまキンキンの氷水で保存。

持てばピンと立つほど「バキバキ」に冷やされる。

この3つの良さ・こだわりを合わせたのが、

「海峡根ぼっけバキバキ」。

港へと運ばれたホッケは、しっかりと選別され、

高い鮮度をたもったまま出荷される。

ホッケといえば鮮度の落ちがとても早く

活きのいいホッケは産地だけ、が定番だったが、

漁から出荷までこだわり抜くことで

遠方の消費地でも刺身や鮨ネタ・煮付けが楽しめるようになった。

漁協の紹介

北海道函館市にある、えさん漁協。

最高級の昆布が取れることで有名。

昆布関連の加工品も多数。

他には鮮度にこだわったホッケや

ゴッコなどが水揚げされる。

函館市の紹介

津軽海峡・太平洋・噴火湾に囲まれ、

イカや昆布などの漁業や海運の盛んな町。

イカの町、鮨の町として有名。

五稜郭やトラピスチヌ修道院、歴史的な町並み、

温泉や海岸線に火山、競馬場、などなど観光資源も多数。

南北海道・函館観光圏の中心となっている。

関連名物

函館舞歌

函館といえばマイカ

真昆布

昆布の中でも高級品 函館が主産地となっている

おとひめ昆布

若く柔らかい真昆布

戸井の活〆鮪

鮮度にこだわるブランドマグロ

ガゴメコンブ

強いネバトロが人気の昆布

函館のゴッコ

プルプル系のさかな 鍋が名物

函館戸井のババガレイ

眼前の好漁場でとれる冬の名物

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

えさん漁業協同組合

漁協の紹介

函館市公式観光情報

観光情報やグルメ情報など

北海道函館市

自治体公式サイト

Google検索 「函館 海峡根ぼっけバキバキ」

タグ: ,