鹿部のやわらかこんぶ

春採りの柔らかい昆布。

紹介

北海道鹿部町は真昆布の名産地。

銘柄としては白口浜昆布と呼ばれる最高級品。

夏に盛りを迎える昆布漁に備え、

春に行われる昆布の間引き。

この際に取れる昆布は、夏の成長の前段階で若く柔らかい。

鹿部漁協では、この昆布を「やわらかこんぶ」として商品化。

もともとがイイ昆布なだけに、味はしっかり。

水で戻してサラダ昆布・刺身昆布として食べられる。

煮物やおでんの具にしても良い。

早く煮え、良い出汁も出る。

また、鹿部漁協ではガゴメコンブも取れ、

それを加工した「鹿部産がごめとろろ昆布」も販売している。

漁協の紹介

渡島半島の東側にある鹿部漁港。

噴火湾の出口、海流の入り混じる好漁場が目の前。

有名な昆布のほか、鮮度をいかしたタラコ生産が有名。

ホタテ養殖も盛ん。ウニやつぶ貝・ホッキ貝も水揚げされる。

町の紹介

北海道 鹿部町(しかべちょう)

鹿部の由来は、キハダ(樹木)のある場所を指す

アイヌ語のシケルベから。

北海道駒ケ岳を背に海に面する。

温泉・間欠泉が多く、観光客でにぎわう。

漁業も盛んで、昆布やタラコが有名。

関連名物

鹿部たらこ

鹿部にはタラコ加工をしている所が多い

しかべ間歇泉公園

間欠泉を利用した公園 足湯もある

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

鹿部漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

鹿部町

自治体公式サイト

鹿部温泉観光協会

観光情報やグルメ・お土産情報など

Google検索 「鹿部 やわらかこんぶ」

タグ: ,