北海道落部さくらかれい

赤く染まった姿を桜に見立てた八雲町の名物カレイ。

紹介

北海道南部の噴火湾では、その豊かな栄養を背景に

さまざまな水産物が水揚げされるが、

アカガレイもそのひとつ。

アカガレイの名は、網で水揚げすると、

腹が赤く染まることから。

北海道八雲町の落部(おとしべ)漁協では、

赤く染まった様から「さくらかれい」の名でブランド化。

ちなみに町の花もサクラ。

水揚げ後の鮮度保持にも力をいれ、

活きのいい状態のまま市場へと出荷される。

漁期は2月の産卵期を除いたほぼ一年中。

産卵前の卵持ちは特に人気。

オススメはやはり煮付け。

刺身や塩焼き・干物にしても美味しい。

その身の柔らかさ、脂の乗りを楽しめる。

町の紹介

北海道八雲町は、同一町内で

日本海と太平洋の2つを有する唯一の町。

噴火湾側の八雲エリアと日本海側の熊石エリアに分かれる。

漁業・農業ともに盛ん、水産物に多くの名物を持つ。

関連名物

落部船団活ぼたん海老

鮮度にこだわりを持つボタンエビ

遊楽部熊鮭の山漬け

噴火湾で取れる鮭、伝統の保存加工

遊楽部熊鮭のイクラ

噴火湾で取れる鮭のイクラ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

落部漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

落部漁業協同組合

組合や名産の紹介など

北海道八雲町

自治体公式サイト

北海道八雲町観光物産協会

観光情報やグルメ・お土産情報など

Google検索 「八雲町 さくらかれい」

タグ: ,