長万部の黒ホッキ

長万部といえば毛がにが有名だが、

黒ホッキ貝も評判の名物。

紹介

ホッキ貝の貝殻は通常茶色だが、

鉄分の影響を受けると黒い貝殻となり、身も色づく。

その見た目から、黒ホッキ貝と呼ばれる。

北海道長万部町は噴火湾に面し、

沖合いには鉄分を多く含んだ砂底が広がり、

黒ホッキ貝が水揚げされる。

鉄分をはじめミネラル豊富に噴火湾で育ち、

貝殻の中にはびっしりと身が詰まっている。

身の締まりもしっかりし、食べ応えも味わいも十分。

旬は冬。

刺身や鮨でぷりぷりの歯ごたえと味を楽しみたい。

火を通しても旨く、網焼きやソテーなどもオススメ。

長万部の黒ホッキ貝は肉厚でジューシーと評判。

日本一と評する声もあるほどで、

毛がに・ホタテと並ぶ長万部の名物となっている。

町の紹介

北海道長万部(おしゃまんべ)町は、

北海道南部・渡島半島の付け根に位置し、噴火湾に面する町。

漁業が盛んで、毛がに・黒ホッキ貝・ホタテなどが名産。

関連名物

長万部の毛がに

長万部といえば毛がに

おしゃまんべ毛がにまつり

夏に開催される毛がにのお祭り

ホタテ毛がにしゅうまい

名物を組み合わせたグルメ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

長万部漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

長万部町

自治体公式サイト

長万部町観光協会

観光情報やグルメ・お土産情報など

Google検索 「長万部 黒ホッキ」

タグ: ,