豊浦ホタテ

噴火湾でのホタテ養殖の発祥地。

今もホタテの養殖が盛ん。

紹介

北海道豊浦町にある礼文華(れぶんげ)は、

噴火湾におけるホタテ養殖発祥の地。

昭和40年代に大規模養殖に成功。

今では噴火湾全体で養殖が行われている。

豊浦町では他にも魚が水揚げされるが、

ホタテが全漁獲量の約9割を占める。

耳吊り方式(垂下式)で育てられるホタテは、

噴火湾の栄養を豊富に取り込み大きく育つ。

旬は12~3月。活ホタテの旨さを味わおう。

名物のホタテは町おこしにも活用され、

「世界ホタテ釣り選手権大会」が冬に開催される。

同時開催の「まるごと豊浦北の収穫祭」では、

ホタテをはじめとした豊浦の味が楽しめる。

豊浦町ではホタテ以外にも、

毛がに・カレイ・サケなどが水揚げされる。

また、サケのふ化・放流事業や、

アワビ種苗・ウニ種苗の放流事業など、

育てる漁業への取り組みも行っている。

町の紹介

北海道豊浦町は北海道南部、噴火湾の北東部に位置。

湾側は暖流の影響を受け、比較的温暖。

農業はイチゴや豚肉、水産業はホタテ養殖が盛ん。

関連名物

豊浦いちご

温暖な気候を利用したイチゴ栽培が盛ん。

豊浦産SPF豚

北海道でのSPF豚の一大産地。

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

いぶり噴火湾漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

北海道豊浦町

自治体公式サイト

とようら観光ナビ

観光情報や特産品情報など

Google検索 「豊浦町 ホタテ」

タグ: ,