噴火湾のカレイ

噴火湾では色々なカレイが獲れる。

噴火湾の紹介

北海道南部にある噴火湾は好漁場として知られるが、

これにはいくつか理由がある。

暖流と寒流がぶつかり入り混じるため、

プランクトンなどが豊富。

季節により流れは変わり、獲れる魚も変化。

周囲の山からたくさんの河川が流れ込み、

ミネラルなどの養分が補給される。

すり鉢状になっているため栄養もとどまりやすい。

西側はなだらかな海岸が続くが、

北東部は、大昔の有珠山噴火に伴う山崩れが湾に進入、

岩礁が出来て現在では多くの魚の住処になっている。

周りをぐるっと囲まれているため、波も穏やか。

などなど、そりゃ魚も沢山取れますわな、といった感じ。

多くの魚を目当てにするのは人だけでなく、

クジラやイルカも餌を求めて訪れるため、

ホエールウオッチングも行われる。

紹介

たくさんの魚が獲れる噴火湾の中でも

カレイの多さは特筆もの。

地形や温度などがカレイにとって住みやすい環境を作る。

以下に列挙。たぶん他にもいるでしょうけど。

アカガレイ

 網で水揚げすると赤くなる。刺身・煮つけに。

イシガレイ

 石状の骨板(うろこ)を持つ。煮つけや塩焼きで。

クロガシラガレイ

 全身黒っぽいカレイ。煮付けや焼き物に。

スナガレイ

 身が薄いため、煮付けや唐揚げで。

ソウハチガレイ

 独特の香りを持つ。干物が旨い。

マガレイ

 煮付け、唐揚げ、干物、刺身など万能。

マツカワ

 幻とまで言われた高級カレイ。大きめ。

 皮が松皮のよう。刺身や煮つけは絶品。

海が浅く、沢山のカレイが釣れるため、

多くの釣り人が噴火湾を訪れる。

波が穏やかなので、ボート釣りもよく行われている。

噴火湾・内浦湾について

北海道にある内浦湾は別名、噴火湾と呼ばれる。

渡島半島東部の北海道駒ケ岳のふもとから

長万部を通り、室蘭の地球岬までのエリアで囲まれた、

ほぼ円形な湾。

水深は最大でも100mほどと浅めの海。

きれいな円を描くため、

昔ここを訪れたイギリスの人が「噴火で出来た湾だろね」

と言ったため噴火湾と呼ばれるようになったとか。

しかし実際は噴火で出来るカルデラ・窪みに

海水がたまっているわけではないらしい。

周囲に活火山も多いことだし、

呼びやすく馴染んでいるため、

噴火湾と呼ばれることが多い。

関連名物

北海道落部さくらかれい

噴火湾産のアカガレイをブランド化

マツカワ/王鰈

幻のカレイが放流事業で復活

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

いぶり噴火湾漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

落部漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

Google検索 「噴火湾 カレイ」

タグ: