地球岬の山漬け

太平洋で獲れる秋鮭を伝統の塩漬けに。

紹介

北海道室蘭市の室蘭港を形作るのが、

フックのような形をした絵鞆半島。

その南端にあるのがチキウ岬。

当て字をされた「地球岬」の呼び名が有名。

地球岬沖の太平洋では、

秋になると鮭がたくさん獲れる。

昔から猟師の保存食として鮭の塩漬けが行われ、

今では漁協により商品化され冬場の名物となっている。

水揚げされた秋鮭の内臓を取り、

荒塩で2週間ほど漬け込む。

これにより余計な脂が落ち、身は熟成される。

さらに塩を落として10日ほど寒風のなか乾燥させる。

水分が落ち、凝縮された味わいとなる。

昔ながらの鮭の味を楽しめる一品。

岬の紹介

室蘭市の南、絵鞆半島の南端にある岬が地球岬(チキウ岬)。

噴火湾と北太平洋との境目にあたる。

フック状の絵鞆半島は天然の良港を形成し、

現在の室蘭港となっている。

アイヌ語のポロ・チケプ(断崖)が訛り、

チキウと呼ばれるようになった岬。

チキウに当て字をし、地球岬。

元の呼び名が示すとおり、断崖絶壁の続く岬。

高さは100メートル前後、長さは約14kmに及ぶ。

北太平洋を一望でき、地球の大きさを感じられる。

初日の出の名所としても有名。

「ピリカノカ」に含まれ、国の名勝にも指定されている。

市の指定する景勝地、室蘭八景の一つ。

漁協の紹介

室蘭市にある室蘭漁業協同組合。

噴火湾と太平洋の境目に位置した立地のよさを生かし、

サケ・ホタテ・クロソイ・ホッキ貝・イカなど、

色々な水産物が水揚げされる。

ホタテの養殖も盛んに行われる。

関連名物

室蘭ホタテ3年貝・蘭扇

三年養殖、さらに厳選

室蘭のクロソイ

室蘭の市魚にもなっています

室蘭さかなの港町同窓会

秋に行われる室蘭の水産系イベント

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

室蘭漁業協同組合

漁協の紹介 問い合わせ先やアクセスなど

室蘭市

自治体公式サイト

室蘭観光協会

観光情報やグルメ・お土産情報など

Google検索 「地球岬 山漬け」

タグ: ,