銀聖

北海道日高の誇るブランド秋鮭。

銀に輝き丸々と太った体には、

北の海の栄養が詰まっている。

秋鮭について

北海道の秋の味覚を代表する鮭。

秋鮭は9~11月に産卵のため沿岸に寄ってくるシロサケのこと。

季節の味であることから秋味(あきあじ)とも呼ばれる。

秋になれば各地で、あきあじ祭りが開催される。

川から海へと出た小さな鮭は、

オホーツク海・北太平洋・ベーリング海・アラスカ湾などを巡り、

4年ほどで大人になり川へと戻ってくる。

オキアミなどの豊富な餌を食べ、

本来は白身魚でありながら、見事なサーモンピンクの身となる。

産卵期を前にした鮭は、

栄養をみっちりと蓄え、川の遡上に備える。

まだ沖合いにいる頃の鮭は、まばゆいばかりに銀色。

その姿から「銀毛」とも呼ばれる。

その身は丸々と太って脂が乗り、柔らかく美味。

まさに秋の味といえる存在。

日高の秋鮭とブランド化

北海道各地で鮭は名物となっているが、

日高地方でも鮭の水揚げは多い。

いくつもの川でふ化・放流事業を行っており、

毎年たくさんの鮭が故郷へと戻ってくる。

日高沿岸では、9月から11月にかけてが

秋鮭の漁期となっている。

漁法は沖合いでの定置網漁。

海の中に囲いを作り、回遊する群れを誘い込み、まとめて漁獲する。

生きたまま水揚げ出来るため、鮮度が保たれる。

こうして水揚げされる天然の銀毛から、さらに厳選されたものが

日高のブランド鮭「銀聖」の名を冠する。

「銀聖」を名乗れるのは、

北海道日高沖で獲れた銀毛の秋鮭

加工前で重量が3.5kg以上のもの

水揚げ後の鮮度保持がしっかりとされたもの

見た目も重視され魚体が銀に輝き美しいもの

という条件をクリアしたもの。

その厳選ぶりから、銀聖を名乗れるのは、

日高沖で獲れる秋鮭の中でもわずか5%程度。

狭き門を越えた銀聖は日高のブランド鮭として、

固体ナンバーと取扱業者IDの記載された認証ラベルが貼られる。

銀聖は1匹ごとに固体ナンバーを付与され、

取扱業者は日高定置漁業者組合が承認した所のみ。

また、キャラクターを含む認証ラベルは商標登録されている。

食べ方など

その基準からも分かるように、

まるまると太り、その体は銀色に輝く。

しっとりと脂がのったピンクの身は柔らか。

オススメはやはり、定番の塩焼き。

鮭の持つ味わいと香り、脂の乗りと食感が楽しめる。

アツアツのフワフワで香ばしさがたまらない。

冷凍させルイベとして味わうのも良い。

刺身や丼ものにしても美味しい。

(生食には冷凍処理したものを解凍することが必須)

スモークサーモンや山漬けなどにも加工するも良し。

ちゃんちゃん焼きや石狩鍋、三平汁などでもメイン食材。

クリームシチューに入れても美味しい。

ムニエル・ソテーにホイル包みなども人気。

フライやカラ揚げにしても旨い。

残った身や骨はアラ汁に。

日高昆布で昆布巻きにすれば、

日高名物を一緒に味わえる。

銀聖は筋子・イクラも絶品。

時期的に卵を包む膜が薄く、

普通のものとは違う繊細な食感を楽しめる。

食感は繊細ながら味は濃厚、コクのある甘みを持つ。

関連名物

日高昆布

日高沿岸を中心に採れる有名昆布

日高の真ツブ

大きく育ったツブ貝 日高の地域ブランド

日高沖の時知らず

初夏に獲れる鮭 脂の乗りが抜群です

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

銀聖(日高振興局)

銀聖の情報いろいろ

日高定置漁業者組合

銀聖についての規定や活動など

Google検索 「日高 銀聖」

タグ: