日高沖の時知らず

日高の秋鮭は有名だが、

春に獲れる時知らず鮭もまた美味で有名。

脂の乗りは抜群。秋とはまた違った味わい。

名物紹介

鮭のシーズンといえば、故郷の川に戻る秋。

季節の味として、秋鮭と書いてアキアジと読んだりもするほど。

だが旬の秋以外に獲れる鮭もいて、

春と夏の境目の期間に水揚げされる。

この時期は、冬を三陸沖などで過ごし、

日本の北、ロシアのアムール川周辺に戻る鮭の群れが、

北海道の沖合いを北上するタイミング。

旬では無い時期に獲れることから、

時を知らない鮭→時知らず鮭、と呼ばれる。

略して時知らず・時鮭などとも呼ばれる。

時知らずが獲れるのは、

日高沖

十勝釧路沖

根室羅臼沖

の3つ。

その中でも日高は少し時期が早い5・6月。

産卵段階に入る前の育ち盛りの若い鮭であり、

たっぷりと乗った脂が特長。

これはまだ卵や白子に栄養をまわしていないため。

旬じゃないのに美味なことから珍重される。

食べ方としては、定番の塩焼き、

石狩鍋・ちゃんちゃん焼き・ソテーやフライなど。

旬の食材と組み合わせるなら、

マイカやぼたんえび、つぶ貝、カレイなどと豪華に海鮮丼。

夏野菜の始まりの時期でもあるので、

グリーンアスパラと鮭のクリームパスタ、

ビネガーとトマトたっぷりの鮭マリネなど。

(生食の場合は、冷凍処理を忘れずに)

関連名物

日高昆布

日高沿岸を中心に採れる有名昆布

日高の真ツブ

大きく育ったツブ貝 日高の地域ブランド

銀聖

日高のブランド秋鮭 銀に輝きまぶしいほど

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

風のまち「えりも」観光ナビ

襟裳町の観光情報 旬のカレンダーあり

北海道の秋鮭・いくら

北海道ぎょれんのページ

サケ・シロザケ

北海道庁のページ

Google検索 「日高 時知らず」

タグ: