日高の真ツブ

北海道日高沿岸では、真ツブと呼ばれる巻貝が取れる。

大きくなる品種で日高の地域ブランドとなっている。

エゾボラが正式名称、食べる時には多少注意が必要。

名物紹介

北海道ではエゾボラというツブ貝が採れる。

(「ツブ」とは大型の食用巻き貝類の総称)

真ツブとも呼ばれるこの貝は、とても大きく育つ。

大きいもので、両手で抱えるほどになる。

貝殻に特徴があり、ひれ状の突起が多数付く。

エジボラは唾液腺という器官に「テトラミン」という弱い毒をもつ。

人が食べると食中毒の原因になり、

酒に酔ったような症状(視力低下やふらつきなど)が出る。

身を縦に割ると出てくるバター状のものが唾液腺。

加熱冷凍でも分解されないので、煮れば溶けてしまう。

これさえやっておけば、内臓含めほぼ全て食べられる。

多くある産地の中でも、

日高は「つぶ」の主産地。

日高の地域ブランドとしてPRを行っている。

また小さいものは採らず、休漁期間を置くなどの措置も。

まだ知名度は低いが、その美味しさには定評がある。

特徴や食べ方

食感はアワビやサザエに似てコリコリ、適度な歯応えを持つ。

噛めばほのかな旨味と、貝特有の甘みを感じられる。

刺身や鮨がオススメの食べ方。

カルパッチョにしてもナイス。

身が大きいので見栄えも良い。

醤油を塗りながら焼く網焼きも、香ばしくて食欲をそそる。

炊き込みご飯に入れたり、おでんの具にもなる。

ソテーやフライ、天ぷらにしても美味しい。

関連名物

日高昆布

日高沿岸を中心に採れる有名昆布

銀聖

日高のブランド秋鮭 銀に輝きまぶしいほど

日高沖の時知らず

春に獲れる鮭 脂の乗りが良い

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

日高の真つぶ

日高振興局のページ エゾボラの紹介

Google検索 「日高 真ツブ」

タグ: