日高のハタハタ

北海道日高地方でもハタハタが獲れる。

産卵期にあわせた短い期間が漁期となる。

冬の旬食材として人気。

名物紹介

ハタハタといえば秋田県が有名だが、

他にも北海道を中心にいくつかの産地がある。

日高地方沿岸もそのひとつで、日高群と呼ばれる。

普段は深いところに住むハタハタは、

冬の産卵期になると沿岸に押し寄せる。

ハタハタ漁も産卵期に合わせて行われ、

11月下旬~12月上旬のわずか一週間ほど。

この短い期間で年間漁獲量の大部分を水揚げする。

日高沿岸では、えりも町や様似町での水揚げが多い。

日高においても、ハタハタの資源減少は問題となっている。

漁業関係者の関心も高く、

日高管内栽培漁業推進協議会をつくり、

育て増やす漁業へのシフトが進んでいる。

人工ふ化した稚魚を春に放流し、

漁期には網の目の大きさ制限や

獲るハタハタの大きさ制限などを行う。

ハタハタの生態に関しては未解明の部分も多く、

日高でも研究と試行が続けられている。

特徴や食べ方

ぷりぷりの卵、いわゆるブリコが有名。

火を通すと大きくなり、食感・味わいも強まる。

脂の乗った身も旨い。骨からするっと取れる感じは独特。

うろこが無く、調理もしやすい。

食べ方としては、煮付け。

ハタハタは内臓を取っておく。

水・醤油・酒・みりん・しょうがなどで煮汁を準備。

ハタハタを入れ、10分ほど煮込めば完成。

身が柔らかいため、短時間でOK。

あふれんばかりの卵のボリュームと食感、

独特のぬめりを持つ旨い身を楽しめる。

飯寿司、いわゆるハタハタ寿司にするのも定番。

旬の短いハタハタを保存するために生まれた発酵食品。

ハタハタと野菜(大根・にんじんなど)と

米・麹を混ぜたものを、何層にも重ねて漬け込む。

2週間ほど漬け込めば食べごろ。

ちょうど正月の頃と重なるため、年末年始の定番となっている。

そのまま食べるも良し、さっと炙るのもまた旨い。

吸い物や鍋物に使えば、良い出汁が出る。

塩焼きやムニエルなどの焼き物、

唐揚げや天ぷらなどの揚げ物にしても美味しい。

関連名物

日高昆布

日高沿岸を中心に採れる有名昆布

銀聖

日高のブランド秋鮭 銀に輝きまぶしいほど

日高沖の時知らず

春に獲れる鮭 脂の乗りが良い

日高の真ツブ

こりこりとした身が特徴の大きな巻貝

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

日高のさかなたち ハタハタ

日高振興局のページ ハタハタの紹介

Google検索 「日高 ハタハタ」

タグ: