日高の春ウニ

北海道を代表する味覚のひとつ、ウニ。

日高地方では、春に旬を迎える。

名物紹介

北海道南部の日高地方は、

北太平洋に面し、漁業が盛ん。

日高昆布の産地として有名だが、

おいしい昆布を食べて育つウニもまた名物。

日高地方のウニは、エゾバフンウニがメイン。

北海道ではガンゼ・ガゼとも呼ばれる。

芝生のような短いトゲを持ち、ずんぐりした姿。

中の生殖巣は鮮やかな濃いオレンジ色。

色あいから市場ではアカとも呼ばれる。

色と同様に味わいも濃厚。

旨み・甘みが強く、後味もよい。

食べる餌により味も変わり、

良い昆布が育つところでは美味しいウニが獲れる。

日高地方では南部を中心に水揚げされ、

えりも町、様似町、浦河町が主な産地。

旬の時期は、

4月中旬から5月中旬にかけて。

桜のころに食べごろを迎えるため、桜ウニとも呼ばれる。

むきウニなど加工品でも楽しめるが、

やはり獲れたての生ウニは抜群の旨さ。

産地ならではの味わいを楽しみたい。

日高広域のブランドとしてPR活動を行い、

ウニ産地としての知名度アップを図る。

日高の花見の名所「ひだか桜十景」巡りなど、

花見シーズンの観光とセットで楽しめる。

春には日高町からえりも町にかけての多くのお店が

春ウニを使ったメニューを提供している。

イベント・祭り

4月下旬からは各町のイベントも開催され、

旬の旨いウニを求める人々で賑わう。

様似ウニまつり

濃厚・美味なエゾバフンウニを楽しめる。

ウニの他、様似で獲れた魚介類や特産品の販売も。

バーベキューコーナーも設置され、その場で頂ける。

かに汁やカジカ汁なども作られ、肌寒くても温まれる。

えりもうに祭り

殻付きウニの販売が人気。

真ツブや灯台つぶ、海藻類など、襟裳の海の幸が盛りだくさん。

ミニうに丼・ツブ焼・かに鍋なども作られる。

クイズ大会や餅まきなども行われる。

優駿の里浦河桜まつり

浦河町にある桜の名所「優駿さくらロード」で

花見とともにグルメも楽しめるイベント。

さくらウニの販売のほか、

カニ汁やちゃんちゃん焼きも食べられる。

馬の町らしいポニー乗馬もできる。

関連名物

日高昆布

出汁に良し食べて良しのおなじみ昆布

銀聖

選び抜かれた銀に輝く大物秋鮭

日高の真ツブ

歯ごたえのよさが自慢のツブ貝(エゾボラ)

えりもの灯台ツブ

うまい昆布で育ったツブ貝(オオカラフトバイ)

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

えりものお魚 旬カレンダー

えりもで獲れる海産物の紹介

風の町「えりも」観光ナビ

観光情報やグルメ情報など

北海道えりも町

自治体公式サイト

Google検索 「襟裳 カレイ」

タグ: