襟裳の緑化と漁業

北海道えりも町の襟裳岬。

豊富な海産物が名物だが、

過去には森の伐採と特有の気候とにより砂漠化。

生活にも漁業にも深刻な影響を与えた。

長きにわたる緑化事業が行われ、

現在では豊かな緑と海が戻った。

襟裳の砂漠

北海道の南にある襟裳岬は、

日高山脈が海に達して出来た場所。

長く岩礁が連なり、自然生息する昆布の宝庫だった。

江戸時代の後半、昆布を採るために

襟裳岬への移住が始まる。

明治に入ると、開拓のために人口流入が増加。

家や小屋を建てるために、

また日々の暖や料理のために、

付近の木々の伐採が進んだ。

近代化した産業の影響を受けた伐採も行われた。

放牧用地の拡大や紙材料としての木材需要など。

岬の東側、庶野にかけて広がる百人浜の

少し陸側に入ったところは、

カシワやシラカバ・ハルニレなどの広葉樹の

永い時間をかけて形成された原生林があったが、

ものすごいスピードで伐採・消費されていった。

減ってしまった木々・緑に追い討ちをかけるように、

明治13・14年にはトノサマバッタの大群が押し寄せ、

草や根までも文字通り根こそぎ失われた。

緑の覆いを失った地表はむき出しになった。

木々で覆われていた山々は、

火山灰の堆積した赤土の見えるハゲ山となった。

襟裳岬特有の気候も状況の悪化に拍車をかける。

襟裳岬付近は風速10m以上の日が

一年の大部分という日本でも有数の強風エリア。

小石程度なら余裕で舞い上げる。

自然に飛んでくる草木の種などは定着出来ない。

また、降雪量も少ない地域のため、

雪で覆われることもなく乾燥状態が続いてしまう。

緑の覆いを失い、乾燥した地表の、

軽い火山灰を中心とした赤土のハゲ山。

強風のたびに煙のように舞い上がり、

雨が降ればすぐに流れ出す。

いつしか一帯は「襟裳砂漠」と呼ばれるようになる。

その面積は襟裳岬国有林400ヘクタールのほぼ半分に及んだ。

緑あふれる森から砂漠になるまで、わずか数十年。

赤土は集落へと降り注ぎ、

生活に支障をきたすほど。

家の中にも入り込む赤土。

視界を悪くし、生活水も汚れる。

海にも深刻な影響をもたらす。

空から降り注ぎ、雨になれば泥川として流入。

沖合いは5km、ひどいときには10kmも、茶色に染まった。

主要産業の漁業にも甚大な影響を与えた。

茶色の海には、サケやマスなどの魚が寄り付かなくなった。

良質であった昆布は、泥にまみれ、成長もままならない。

ようやく採れた昆布も「泥昆布」と呼ばれる有様。

生活環境はひどく、産業基盤も失われ、

砂漠になった大地が自然に回復することも無い。

襟裳を離れ、集団移住することも考えられるほどだった。

半世紀以上に渡る緑化事業

荒廃し砂漠となった襟裳の地。

生活への影響も大きく、地元の緑化への関心は高かった。

緑化活動自体は太平洋戦争前から始まっていたが、

厳しい環境と戦争の激化により中断。

戦後の昭和25年に再開されたが、うまくはいかず断念。

本格的な襟裳岬の治山事業が始まるのは昭和28年のこと。

国の予算が設定され、荒廃地となった192ヘクタールの

緑地化がスタート。

生活環境の改善と漁業資源の回復を目指す。

なんとかしようと動き出したはいいものの、

緑化を行うには厳しすぎる状況が眼前に広がる。

猛烈な強風にさらされる荒地。

海流がぶつかり合い霧も多いため、

成長に必要な日照時間も短い。

肥沃さとはかけ離れた火山灰の酸性土壌。

気が遠くなるような広さ。

190ヘクタールといえば、単純にいうと幅100m長さ19km。

当然平地など少なく、丘や山の斜面ばかり。

今のような重機もなく、頼れるのは簡単な道具と人力のみ。

地元から男女40名ずつ計80名の作業員が参加し、

手探りでの緑地化が始まる。

まずは草地から

とりあえず丸見えの地表が草で覆われれば、

赤土の飛散・流出も抑えられるはず。

というわけで、草を育てる草本緑化を行う。

計画された期間は30年。

草の種と肥料を撒いてみるが、

そこは襟裳岬。強風が猛威を振るう。

ただ撒く程度では、風が造作も無く吹き飛ばしてしまう。

粗朶伏工(そだぶしこう)とよばれる、防風垣で囲い

土の上に小枝を乗せて風よけとする工法も試されたが、

小枝では降ってくる赤土を防げず、

また強風で飛ばされてしまい、上手くいかなかった。

赤土・強風に対する策は必要なので、

覆うものを小枝からヨシズ(スダレ)に変更。

草の成長には大きな効果があった。

しかし、

当時は乗せるヨシズや囲いも手作りのみ、

きつい斜面での作業や運搬なども重なり、

1年やっても3ヘクタールほどしか広げられない。

30年計画とはいえ、このペースでは厳しい。

このままじゃ終わらんなぁと気落ちする状況を

地元からの作業員のアイディアが変えた。

そのアイディアとは、

ヨシズの替わりに「ゴタ」を載せてみようというもの。

ゴタとは海岸に打ち寄せられる雑海藻のことで、

もとは畑の肥料として使っていたもの。

実際やってみると、

風よけ土よけになり、地面の養分にもなる。

草と一体化し、地表の保持力も向上。

覆いを作り、肥料もやる、の二手間が

一度に出来るようになり、費用や労力面でも楽になった。

肥料の購入に当てていたお金も地元に回せるようになった。

のちに襟裳式緑化工法と呼ばれる、

ゴタで地表を覆う作業が始まった。

草の成長も草地の拡大もスピードアップし、

昭和45年ごろには草本緑化の完了を迎えた。

計画していた半分の期間、15年での達成であった。

草本緑化が進むにつれ、

風で舞い上げられる赤土に困ることも少なくなった。

雨で流れ出る赤土の量も減り、海の状態も改善に向かう。

茶色だった海は透明度が戻り、海中の泥も減っていった。

漁獲量も年々増し、緑化の手ごたえは確実にあった。

木を植えよう

草本緑化が終わり、緑化事業は次の段階、

荒地を木で覆う木本緑化へと進む。

昭和46年のことだった。

苗木を植えていくわけだが、

草地と同じようにやれば木でもサクサク進む、

などと簡単にいくはずも無い。

植樹に先立ち、いくつもの種類の木が試されたが、

幼い木では強風・潮風に耐えられない。

潮風に強いクロマツを本州から取り寄せ、

広葉樹のカシワと組み合わせ植えることになった。

植え方にしても密集具合や広さなどが改良された。

苗木の脅威となる強風。その中でも

北東から吹きつける塩分を含んだヤマセの影響は大きく、

苗木は曲げられ引っこ抜かれた。

ヤマセに対抗するため、北東方向を守るように防風柵を設置。

土を積み上げ、防風土塁も作られた。

新たな技術としてカラマツを利用したハードルフェンスも導入、

防風柵としての耐久性・使い勝手の良さが向上。

雪の吹き溜まりを作ることで、苗木が雪で覆われ、

冬の強風から守ってくれるようにもなった。

春に植樹をしても、冬に入ると地面が凍結し、

根が持ち上げられ苗木が枯れてしまうという問題も分かり、

凍結対策として排水溝も掘られた。

途方も無い距離を人手で掘り進めるのは大変なものだったが、

途中から重機が導入されたことで一気に進んだ。

昭和51年にはベルトユニット工法も始まった。

緑化エリアを幅50m長さ400mほどの帯状に分け、

植樹エリアと空閑エリアとで交互に施工する方法のこと。

植樹エリアは、北西から南東にかけて作られ、

これより空閑エリアは北東の強風から守られる。

空閑エリアには、北海道に元から生える草木の種が

自然流入するのを促す狙いもあった。

とばして植樹が出来るので広範囲の緑化にも向く。

このベルトユニットはgoogle earthでも見られるので、

気が向いたら一度見ておくと良い。

これらの努力、改良、技術導入により、

広大な土地の緑地化は格段にスピードアップ。

昭和50年台になると、

緑に覆われる山々を目に出来るようになった。

その後も緑地化は進められ、

元号も変わった平成18年(2006年)の末には、

荒廃地面積約192haの89%にあたる178haの木本緑化が終了。

昭和28年(1953年)に始まった襟裳の緑地化は

50年以上にわたる期間を経て、やっと一息つける段階に至った。

平成18年9月には天皇皇后両陛下が

襟裳岬緑化事業地を視察された。

テレビなどにも取り上げられるようになり、

国内からの研修のほか、

荒地や砂漠化で悩む海外の森林関係者も訪れる。

緑化の現状と今後

目標としていた緑化の大部分を終え、

生活環境と漁業資源は回復した。

襟裳砂漠と呼ばれたと言われても、

まったく分からないほど緑が増えた。

元々雄大な岩礁・断崖を持つ襟裳岬に

森林・草地とが組み合わさった景観は、観光資源にもなっている。

新たに生まれた海岸林には散策路・展望台が設置されている。

現在も継続して緑化活動は行われ、植樹祭なども実施される。

復活した緑を守り育てていくことが、先人の苦労に対する最大の礼。

緑化によって生まれた新しい森は、クロマツ・カシワなどがメイン。

北海道在来の木の種が自然流入し定着することで、

荒廃前の色々な木の生えていた森のような姿となることが期待される。

壊すのは簡単、完全に戻すのは不可能、

直すにしても気が遠くなるほど大変。

覆水盆に返らず。後悔先に立たず。

その実例・教訓として学ぶ点は数多い。

とりあえず、自然は大事に。

皆さんも身体は大事に。

復活した襟裳の漁業

草本緑化の大部分を終えた昭和40年ごろから

赤土の飛散や海への流出は減少する。

海の状況も、透明度の向上や海底の泥の減少など、

どんどん改善されていった。

草本緑化を終え、木本緑化による植樹が始まると、

その植樹面積が増えるのに比例するように、

水揚げ高は急速に伸びていった。

緑化開始時には100トンを切っていた水揚げ量が、

平成を迎えるころには2000トンを越えるようになった。

水揚げ量もさることながら、質の回復も著しく、

特に泥昆布とまで言われた昆布は、

日高を代表するまでに回復した。

昆布などの海藻類が元気に成長するようになり、

それに伴いそこで生きる魚の数も増え、

回遊してくる魚も戻ってきた。

現在では、北海道でも有数の漁場として、

豊富な海産物がたくさん水揚げされている。

以下に、列挙。

日高昆布

襟裳砂漠全盛期には泥昆布と呼ばれた昆布も、

今では日高を代表する名物として全国に出荷される。

えりも町は日高地方で生産されるうち6割以上を占める、

一大産地となっている。

ふのり・まつも

海がきれいになったことで、

昆布をはじめ様々な海藻も元気に育つようになった。

寒ふのりの新芽摘みは、手摘みで行われ、

襟裳の冬の風物詩となっている。

コリコリとした食感と豊かな磯の香りを楽しめる。

天然マツモも生え、寒いなか、手摘みが行われる。

こちらも芳醇な海の香りを持つ。

味噌汁に入れたり、調味料と混ぜご飯の友にも出来る。

乾物を炙ると更に香りが増す。

ウニ

海が茶色だったころには分からなかったが、

きれいになったことでウニの生息が判明。

昆布の回復とともにウニも良く育つようになる。

平成に入ると養殖もスタートした。

日高の春ウニ

ナマコ

襟裳ではナマコも獲れる。

緑化で海の泥が無くなったことの恩恵の一つ。

乾物として輸出されたり、

生のものは酢の物にされたりする。

真ツブ・灯台ツブ・ホッキ貝

海底の状況が改善されたことで、

貝類も豊富に獲れるようになった。

ツブ貝やホッキ貝など北海道らしい貝が楽しめる。

日高の真ツブ

えりもの灯台ツブ

ボタンエビ(トヤマエビ)

大きいものは20センチメートルにも育つ。

刺身が美味。プリプリの食感と甘みを味わおう。

タコ

ミズダコ・ヤナギダコが水揚げされる。

タコの成長には、海底の豊かさが必須。

荒波で育ち、身がしまったタコが獲れる。

酢だこ・ボイルダコ・刺身・しゃぶしゃぶ・ザンギなど、

色々な食べ方で楽しめる。

カレイ

海底に住むカレイにも緑化は好影響。

様々な種類のカレイが育ち、よく獲れる。

高級カレイのマツカワや巨大なオヒョウ、

マガレイ、ソウハチガレイなど。

マツカワ/王鰈

襟裳のカレイ

ハタハタ・シシャモ

シシャモは秋、ハタハタは冬の

それぞれ短い期間にだけ水揚げされる季節の味。

日高のハタハタ

サケ・マス

海が茶色く濁っていたころは、寄り付きもしなかったが、

緑化の進展とともに戻るようになった。

秋には大量の銀毛と呼ばれる秋鮭が市場にあふれる。

銀聖

日高沖の時知らず

タラ

スケトウダラやマダラも多く水揚げされる。

回遊せず一定の場所にとどまるタラは根ダラと呼ばれ、

大きく育ったからだが特徴。

淡白な身は昆布締め、鍋もの、フライ、練り物などに。

卵はタラコや煮付けにされる。

タチ・タツと呼ばれる新鮮な白子は絶品。

とろける食感、濃厚な旨みを楽しみたい。

旬は冬場。

毛ガニ

冬になれば毛ガニも獲れる。

たっぷり詰まったカニミソと身が自慢。

茹でたりボイルした毛ガニを丁寧に食べる時間は至福。

鉄砲汁、刺身、しゃぶしゃぶなどにしてもウマイ。

日高の毛ガニ

海獣の生息地

岬の先の岩礁はゼニガタアザラシやトドなどが住む。

一時はその数も激減したが、今では回復。

アザラシウォッチングなど観光の目玉。

反面、漁業被害も増え、共生の難しさを抱える。

関連名物

日高昆布

出汁に良し食べて良しのおなじみ昆布

銀聖

選び抜かれた銀に輝く大物秋鮭

日高の真ツブ

歯ごたえのよさが自慢のツブ貝(エゾボラ)

えりもの灯台ツブ

うまい昆布で育ったツブ貝(オオカラフトバイ)

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

えりも国有林治山事業

北海道森林管理局のページ

日本・北海道襟裳岬における防砂及び漁業資源回復のためのクロマツ植林

PDF 環境省

えりものお魚 旬カレンダー

えりもで獲れる海産物の紹介

風の町「えりも」観光ナビ

観光情報やグルメ情報など

北海道えりも町

自治体公式サイト

Google検索 「襟裳 緑化」

Google検索 「襟裳 地図」

浜に沿って緑樹の跡が見える

タグ: