日高の毛ガニ

日高の毛ガニは冬が旬。

寒い時期に食べる毛ガニだなんて、

想像しただけでウマイ。

名物紹介

北海道の毛ガニは、地域ごとに獲れる時期が異なり、

ほぼ一年中楽しめることが有名。

日高地方沿岸の毛ガニは冬が本番。

12月から3月にかけてが漁期となっている。

寒い時期の身が締まった毛ガニが味わえる。

当然カニミソもたっぷり。

寒くなったら毛ガニという人も多く、

年末から正月と重なることもあり人気。

カニかご漁で船に揚げられた毛ガニは、

冬の外気で凍り付いてしまわないように、

保温バッグや蓋のついた箱などに移し鮮度管理。

資源管理や漁獲量・大きさの制限も行われる。

ブランド化

えりも漁協ではブランド化も推進。

名前は「風極(ふうきょく)」。

大きさ800gと特大の毛ガニ。

甲羅の大きさは12cmほどにもなり、どっしり。

見た目きれいで傷がないことも基準のひとつ。

出回る毛ガニが4~500gくらいのことを考えると、

その大きさはかなりのもの。

毛ガニの資源自体が減ってきており、

風極に見合う毛ガニは希少。

知名度が上がるには、安定した供給も大事。

えりも町のみならず日高地域の名物にもなりうるだけに、

毛ガニ資源の管理・維持・増加が肝要。

今後の動向に期待。

食べ方

茹でたて・ボイルしたての毛ガニは格別。

紅く染まった甲羅を開ければ、濃厚なカニミソ。

よく詰まった肉もウマイ。

甲羅に入れ、甲羅焼きも出来る。

お酒好きなら甲羅酒でも楽しめる。

鉄砲汁などの鍋物にしても美味。

旬が冬だけに鍋が恋しくなる。

殻から出るダシ・香りもまた良し。

刺身でも食される。

さっと湯に通すカニしゃぶも旨い。

カニチャーハンやカニたま等、食べ方は様々。

食べ終わった毛ガニの殻は、

砕いて目の細かいネットに入れ、

煮込めば濃厚なカニスープが取れる。

グラタンやリゾットなどの洋風料理に活用しよう。

ジュレにして毛ガニのサラダ等にも使える。

関連名物

日高昆布

出汁に良し食べて良しのおなじみ昆布

銀聖

選び抜かれた銀に輝く大物秋鮭

日高の真ツブ

歯ごたえのよさが自慢のツブ貝(エゾボラ)

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/渡島・胆振・日高

外部リンク

日高のさかなたち 毛ガニ

日高振興局のページ

ひだか漁業協同組合

漁協の紹介

えりも漁業協同組合

漁協の紹介

えりものお魚 旬カレンダー

えりもで獲れる海産物の紹介

風の町「えりも」観光ナビ

観光情報やグルメ情報など

Google検索 「日高 毛ガニ」

タグ: ,