十勝シシャモ

十勝を流れる十勝川は、シシャモの遡上する川。

沿岸での水揚げも多く、地域の名産となっている。

名物紹介

シシャモは川で生まれ、

海で育ち、また川に戻り産卵する魚で、

世界でも北海道だけにしかいない。

遡上する川は数えるほどしかないが、

十勝地方を流れる十勝川もそのひとつ。

生息地域により、いくつかのグループに分類され、

十勝・釧路群と呼ばれる。

鵡川ししゃも門別シシャモが有名だが、

水揚げ自体は十勝と釧路で全体の8割を占め、

うち十勝は4割の漁獲量という名産地。

漁期は10月から11月にかけての短い期間。

産卵に向け、沿岸に集まる時期を狙う。

漁法は、ししゃもこぎ漁という方法。

港に水揚げされた後は、すぐに選別が行われる。

定番の生干しなどの加工にまわされるほか、

鮮度の良く大きなものは鮮魚での出荷もされる。

シシャモ(本シシャモと仲間)

資源管理型の漁業に取り組む。

以下、十勝沿岸でのシシャモ紹介。

広尾町

十勝港を持ち、市町村別で

シシャモの水揚げ日本一にもなる。

シシャモを使ったコロッケ「しゃロッケ」といった

地元グルメ作成など、シシャモ日本一の町として

知名度アップを図る。

大樹町

広尾町と並ぶ名産地。

シシャモのほかツブ貝・ホッキ貝などの加工を行う工場を持ち、

産地の旬のシシャモをスピーディに出荷できる。

豊頃町、浦幌町でもシシャモが水揚げされる。

イベントなど

十勝地方の中心地、内陸の帯広市では

海には面さないが、十勝の海の幸をPRするイベントが多く開かれ、

毎年秋に「十勝産ししゃもフェア」が行われる。

帯広市内の「北の屋台」及びホテル・レストランと連携し、

十勝のシシャモを楽しみ知ってもらうイベント。

関連名物

十勝のツブ貝・ホッキ貝

十勝は貝類も豊富

広尾の秋鮭 広輝

厳選秋鮭 新ブランド

十勝のトキシラズ

春の定置網漁で水揚げされる

広尾の毛ガニ

お祭りも開かれる冬の名産

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

十勝産ししゃもPRページ

十勝振興局のページ

広尾漁協

漁協の紹介 アクセス情報や特産など

広尾町

自治体公式サイト

大樹漁協

漁協の紹介 アクセス情報や特産など

大樹町

自治体公式サイト

大津漁協

漁協の紹介 アクセス情報

豊頃町

自治体公式サイト

浦幌町

自治体公式サイト

Google検索 「十勝 シシャモ」

タグ: