十勝のトキシラズ

十勝の春といえばトキシラズ。

広尾町では締め方にこだわることで

高い鮮度のトキシラズを出荷している。

名物紹介

トキシラズ・時鮭とは、春に獲れるサケのこと。

秋の定番なのに時期はずれという意味。

季節が違うことで、その身の持つ特徴も変化。

冬に南の方へ餌を求めたサケは、春に北の海へ戻る。

食べ盛りの時期なので、見事に身が充実、脂の乗りも抜群。

十勝沖もトキシラズの北上ルートのひとつ。

5月6月に広尾漁協や大樹漁協で水揚げされる。

北海道広尾町の広尾漁協では、

状態や大きさの良いものの中から

更に船上活締めを実施している。

網上げ後に、船の上でエラを切り、

氷水で血抜きすることで、高い鮮度を維持できる。

味もよくなり、生臭さも減るため、好評を得ている。

広尾の船上活き〆時鮭として、

船上活〆のラベルが貼られ各地へ出荷される。

その身は正に脂たっぷり。

生殖器に栄養を回していないため、

丸々と太り銀色に輝く。

身は塩焼き・ソテー・フライ・冷凍してルイベなど。

使い切れなければ、自作で鮭フレークに。

カマは、脂たっぷり、塩焼きで。

頭は氷頭(ひず)として、なますや鍋に。

心臓・腸・腎臓・白子など内臓系も料理に使える。

新鮮なエラもカラ揚げでサクサクに。

アラは当然、アラ汁で。

春の味トキシラズ、余すところなく食べ尽くそう。

関連名物

十勝のツブ貝・ホッキ貝

十勝は貝類も豊富

十勝のイカ・タコ

夏にはイカもたっぷり獲れる タコも名産

広尾の秋鮭 広輝

厳選秋鮭 広尾町の新ブランド

広尾の毛ガニ

お祭りも開かれる冬の名産

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

十勝のおさかな

十勝振興局のページ

広尾漁協

漁協の紹介 アクセス情報や特産など

広尾町

自治体公式サイト

Google検索 「十勝 トキシラズ」

タグ: ,