広尾の毛ガニ

十勝の冬の味といえば、鮭と毛ガニ。

資源減少で休漁もあったが、現在は試験操業を再開。

広尾町の冬のビッグイベントも開催される。

名物紹介

北海道を代表する味のひとつ、毛ガニ。

北海道十勝地方も毛ガニ産地のひとつ。

昔から冬の味として親しまれてきたが、

毛ガニの基本資源の減少に加え、

密漁の横行もあり、2004・5年には休漁するに至った。

2006年から試験操業として1シーズンでの

漁獲量を定めた試験操業として、毛ガニ漁を再開している。

十勝での毛ガニ漁期は、

大体11月末から翌1月までの2ヶ月ほど。

広尾漁協をはじめ、大樹漁協、大津漁協などから船が出る。

年末年始に重なることもあり、人気がある。

北海道広尾町では、イベントも開催される。

12月に開催される「広尾毛がにまつり」。

長い歴史を持つ、

十勝・広尾の冬の旬を食べつくせる食のお祭り。

会場では、2メートルの大釜で茹でる毛ガニが大人気。

寒い中、釜の湯気がすごいことになります。

格安での販売のため、行列もすごい。

毛ガニ汁も作られるので、冷えた体を温めるのに最適。

産地ならではの「毛がにの早食い競争」や、

特産品が当たる抽選会、といった催しもある。

また毛ガニだけでなく、

シシャモやツブ貝、イカ、タコなどの広尾名産も食べられる。

秋冬といえばサケの季節でもあり、

新巻鮭やイクラ・筋子の販売も行われる。

関連名物

十勝のツブ貝・ホッキ貝

十勝は貝類も豊富

十勝のイカ・タコ

夏にはイカもたっぷり獲れる タコも名産

広尾の秋鮭 広輝

厳選秋鮭 広尾町の新ブランド

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

十勝のおさかな

十勝振興局のページ

広尾漁協

漁協の紹介 アクセス情報や特産など

広尾町

自治体公式サイト

Google検索 「広尾 毛ガニ」

タグ: ,