生花苗沼のシジミ

大樹町にある生花苗沼は汽水湖で、

大きなシジミが獲れることで有名。

しかも、年に一日だけ獲れるという貴重品。

名物紹介

北海道大樹町の海辺にある汽水湖、

生花苗(オイカマナイト)沼。

名前の由来はアイヌ語で、

オイカ・オマ・イ・トウ(波が越えて入る沼)に当て字したもの。

平均水深は1.5ほどで、

周囲の大半を森や湿原などの自然が囲む。

普段は砂州によって海と隔てられているが、

地下水の交換により真水と海水が入り混じる。

ここで育つヤマトシジミは大きくなることで有名。

大きいもので5センチを超え、

アサリやハマグリ級の大きさとなる。

日本でも最大クラスの大きさ。

沼の環境(栄養分・砂泥状況・きれいさなど)が、

シジミの成長に適しているのだろう。

生花苗沼のシジミ漁は、昔は数日間の漁期があったそうだが、

資源の減少もあるため、現在は年に一日だけ。

漁は夏ごろに行われる。

砂州を決壊させ、沼の水抜きをしたあと、

手掘りでシジミを獲っていく。

獲れるヤマトシジミは、身肉が大きく、

一般的なシジミでは味わえない歯ごたえが楽しめる。

大きさもさることながら、味も濃厚と評判。

地元の道の駅で販売されるほか、

道内、関東へと出荷される。

漁の後には、生花苗沼しじみ保存会が稚貝を放流。

翌年のシジミ漁に備える。

となりの沼

生花苗沼の北にあるキモントウ沼。

こちらではジュンサイが名物。

夏がジュンサイ採りの最盛期。

つるんぷるんとした若芽をいただく。

酢の物や味噌汁にされる。

シジミの時期とも近いので、こちらも併せてどうぞ。

関連名物

十勝シシャモ

全道の約4割を水揚げする名産地

大樹の秋鮭 樹煌士

若い雄の銀毛鮭 時期も限られる

大樹チーズサーモン丼

大樹町の名産を組み合わせた地元グルメ

広尾の秋鮭 広輝

おとなり広尾町のブランド秋鮭

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

十勝のおさかな

十勝振興局のページ

大樹漁協

漁協の紹介 アクセス情報や特産など

大樹町

自治体公式サイト

Google検索 「生花苗沼 しじみ」

タグ: ,