大津の鮭飯寿司

十勝川の河口にある豊頃町。

鮭の遡上が行われ、秋鮭は町の名物。

保存食の飯寿司も作られ、年末にかけ美味しくなる。

名物紹介

北海道豊頃町は十勝川の河口の町。

十勝川といえば秋のサケの遡上が有名。

豊頃町にある大津漁協は、

昔から秋鮭の水揚げが多く、

旬の味として親しまれてきた。

すぐ食べるだけでなく、

保存食としての加工も行われ、

飯寿司(いずし)もそのひとつ。

飯寿司は、ふつうの寿司とは違い、

なれずしという乳酸発酵がメインの

魚の漬物といった感じの料理方法。

魚、ごはん・麹、大根・ニンジンなどの野菜、

塩・お酒、などで漬け込む。

有名どころでは、ハタハタ寿司も飯寿司。

ニシンやカレイ、キンキなども飯寿司にされる。

保存がきくため、豊頃町でも

昔から各家庭で鮭飯寿司が作られていた。

10月にサケの塩漬けを行い、

11月に飯寿司の漬け込みに入る。

1ヶ月ほどの熟成期間を経た飯寿司は、

年末を迎える頃に食べごろを迎える。

まろやかでしっとりとした味わい。

少しあぶって食べても、また旨い。

サケとニンジンの赤、ダイコンとお米の白、

紅白のコントラストも年末年始に似合う。

漁協の女性部や地元商店でも販売され、

旬の人気商品となっている。

関連名物

十勝シシャモ

全道の約4割を水揚げする名産地

十勝のツブ貝・ホッキ貝

十勝は貝類も豊富

十勝のトキシラズ

春の定置網漁で水揚げされる

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

十勝のおさかな

十勝振興局のページ

大津漁協

漁協の紹介 アクセス情報

豊頃町

自治体公式サイト

浦幌町

自治体公式サイト

Google検索 「大津 鮭飯寿司」

タグ: ,