釧路のスケトウダラ

北太平洋からオホーツク海、ベーリング海など

寒い海に住むスケトウダラ。

釧路でも冬を中心に多くの水揚げがある。

名物紹介

スケトウダラは釧路では、

冬を中心に水揚げされる。

その淡白な白身は、主に練りもの材料となり、

かまぼこやちくわなどに加工される。

フライやコロッケなどにもなる。

網上げ後、氷詰めにして鮮度を維持、

これは韓国へと輸出され、

鍋物の具として人気にもなっている。

たっぷり詰まった卵は、タラコや明太子に加工される。

オスの白子はプリプリトロトロで、こちらも人気がある。

若いスケトウダラは、ヒメタラと呼ばれ、

特有のにおいも少ない。

一夜干しにされ、塩焼きやフライなどにして食べる。

干物としての加工も盛んで、

塩たら・干したら・すきみたらなどにされる。

もどして煮付けにしたり、あぶってツマミにしたりする。

食べ方など

鮮度が落ちやすいが、新鮮なものは美味しい。

その身は、白身で柔らかく、さっぱりした味わい。

脂がとても少ないのが特徴といえる。

てんぷらやタラザンギなど、揚げ物にすると旨い。

たっぷりのタルタルソースを添えて。

タラザンギも香ばしくて美味しい。

ちり鍋や三平汁などの鍋物も人気。

塩焼きやホイル焼にしてもおいしい。

ネギ味噌焼きなどにすると、しっとり感も出る。

スケトウダラの卵は、タラコや明太子にされるのが多いが、

そのまま煮付けにしたものも美味。

プチプチの食感が楽しめる。

新鮮なオスの白子は、珍味のひとつ。

タチ、タツとも呼ばれる。

さっと茹でてポン酢で食べるのが定番。

天ぷらにすれば、とろける食感。

タラチリなどの鍋に一緒に入れてもいい。

煮物やスープにしても美味しい。

関連名物

釧路の青刀さんま

鮮度と状態にこだわり抜いたサンマ

釧路ししゃも

ふ化事業にも力を入れる名産地

釧路定置トキシラズ

春に味わう鮭の味

釧路のキチジ・メヌケ・ハッカク

釧路はサンマだけじゃない

釧路の磯ツブ

定番メニューのツブ焼きで

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

釧路機船漁業協同組合

漁協について 特産の紹介やアクセス情報など

釧路市

自治体公式サイト

釧路観光コンベンション協会

観光情報やグルメ、買い物情報など

Google検索 「釧路 スケトウダラ」

タグ: