釧路のハタハタ

北海道釧路沖もハタハタ産地のひとつ。

冬の旬食材として人気がある。

資源回復増大のため、ふ化事業も行われる。

名物紹介

ハタハタといえば、秋田が有名な魚だが、

釧路沖の北太平洋でも漁獲される。

旬の季節は冬場。産卵期とともに、浜にやってくる。

メスの持つ大きな卵は、他にない食感が特徴。

オスは卵は無いが、脂の乗った身が旨い。

うろこが無く、するっと骨から外れる。

飯寿司と呼ばれるなれずしにされたり、

塩焼き・煮付け・鍋物などにされる人気の魚。

他のハタハタ産地と同様に資源は少なくなっているが、

季節の魚として人気があるため、

北海道釧路市にある釧路機船漁協では

人工ふ化・放流事業を行う。

親魚から色とりどりの卵を採取し、

人工授精・ふ化・稚魚の育成・放流までを行い、

資源としてのハタハタの回復・増加を図っている。

関連名物

釧路の青刀さんま

鮮度と状態にこだわり抜いたサンマ

釧路ししゃも

ふ化事業にも力を入れる名産地

釧路定置トキシラズ

春に味わう鮭の味

釧路のキチジ・メヌケ・ハッカク

釧路はサンマだけじゃない

釧路の磯ツブ

定番メニューのツブ焼きで

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

釧路機船漁業協同組合

漁協について 特産の紹介やアクセス情報など

釧路市

自治体公式サイト

釧路観光コンベンション協会

観光情報やグルメ、買い物情報など

Google検索 「釧路 ハタハタ」

タグ: ,