仙鳳趾産カキ

釧路町は海の幸がたくさん。

仙鳳趾(せんぽうし)のカキは、

その身の充実ぶりから名物となっている。

名物紹介

北海道釧路町は東西に長い海岸線を持ち、

東は厚岸湾の入り口となっている。

仙鳳趾(せんぽうし)は厚岸湾の西側にある。

海流が複雑に入り混じり、潮の流れも少しきつめ。

山からの栄養分も多く、餌となるプランクトンが多い。

そこで育った牡蠣は身の締まったプリプリの牡蠣になる。

外海に面した場所での養殖なので、育ち方も多少違う。

殻にパンパンに詰まった身はこぼれんばかり。

また、この海域は年間を通じて水温が低いため、

一年を通し牡蠣が食べられることも大きな特徴。

食べる

プリプリでありながらクリーミー。

まさに海のミルクにふさわしい味わい。

殻の中でしっかり育った身は、

火を通しても縮みが少ない。

生でその身を味わう。

スダチなどを絞ってつるっと頂きたい。

蒸したり焼いたりしても旨い。

火を通すことで、味わいが濃くなり、噛み応えもアップ。

牡蠣から出るエキスもまた濃厚。

牡蠣鍋やカキフライ、バター焼きにしても美味。

疲れに効くタウリンや

鉄分や亜鉛などのミネラルも豊富。

おいしいだけでなく、その効き目にも

意識を向けて食べると、さらに味わいは増す。

関連名物

昆布森の棹前昆布

若く柔らかな長昆布

昆布森のウニ

昆布の森でしっかり育ったウニ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

昆布森漁業協同組合

漁協について 特産の紹介やアクセス情報など

釧路町

自治体公式サイト

Google検索 「仙鳳趾 カキ」

タグ: ,