厚岸の牡蠣

厚岸は古くから牡蠣の産地として有名。

乱獲による資源減少から養殖により再起。

地の利を活かし年中出荷が可能。

名物紹介

北海道厚岸町にある厚岸湾と厚岸湖。

厚岸湖は砂嘴により厚岸湾と隔てられてはいるが、

海水の流入が多く、ほぼ海といえる湖。

森からの栄養分が沢山流れ込むことでプランクトンが豊富となり、

湾湖の穏やかな波も手伝い牡蠣が育つのに適した環境。

古くから天然物の牡蠣が豊富で、

厚岸湖には牡蠣殻で出来た島がいくつもあるほどだったが、

乱獲により大正時代には全く取れなくなった。

稚貝をまいての養殖に切り替えたが、1983年に大量死。

試行錯誤の末1999年に、

オーストラリアからシングルシード方式を導入。

牡蠣の幼生を貝殻の粉末に付着させ、

網の中で育てるというもの。

厚岸の環境にあわせた改良を加え、

安定した水揚げを維持できるようになった。

また、町立のカキ種苗センターも設立。

他からの稚貝を移入しての養殖や

成貝の蓄養も並行して行われ、

牡蠣産地としての地位を回復。

2004年には、ブランド名を「えもんシリーズ」と定め、

PR活動を行い、首都圏への出荷も行われるように。

厚岸の牡蠣の特徴は、

一年を通してたべられるところ。

マガキは夏には食べられないのが普通で、

これは夏場に産卵期を迎えるため。

しかし、厚岸の海の水温は低いので、

かきの成熟をコントロールすることが可能。

抱卵期を遅らせることにより、夏でも牡蠣を出荷できる。

また水温が低いことから、

牡蠣の成長が遅めで、じっくりと育ち、

栄養をたっぷりと蓄えた美味しい牡蠣となる。

その身はふっくらやわらか、

クリーミーで深い甘みを持つ。

特に冬場は湖面が凍り、氷の下で牡蠣は

冬を越すための栄養をためこむので、

さらに美味しくなるといわれる。

生で牡蠣エキスごとつるっといくも良し、

カキフライや鍋など火を通してもまた良し。

その身の見事さ、味の濃厚さを楽しもう。

ブランド紹介

えもんシリーズにはいくつか種類があるので紹介。

カキえもん

採卵・受精・飼育・育成・販売を一貫して

厚岸町の水産業者で行う、純厚岸産牡蠣。

マルえもん

他から移入した稚貝を厚岸の海で育成したもの。

期間は1年から3年。

ナガえもん

三陸などから2年物や3年物などの

ある程度育った牡蠣を移入、

数ヶ月間厚岸で育成したもの。

身入りがよくなり、大きな牡蠣となる。

えもんシリーズは牡蠣だけでなく、

厚岸産のアサリ・ホタテ・ウニ・ホッキ貝にも広がる。

動かない系の水産物が、えもんシリーズっぽい。

対する動く系が、サンマなどの大黒シリーズのよう。

厚岸のご当地グルメにも活躍。

えもん丼は、カキをたっぷり使った丼セット。

道の駅 厚岸グルメパークなどで食べられる。

でっかいカキフライや特製豚丼も食べられるほか、

かき弁天島丼やかきぶた合戦丼などの道の駅弁も販売。

イベントなど

牡蠣を食べられるイベントも開催される。

あっけし桜・牡蠣まつり

春に開催される花見と食の合同イベント。

桜の時期に合わせて5月の開催。

たくさんの桜が咲く中、牡蠣を楽しめる。

厚岸の海産物も多く販売され、

その場で炭火焼きにして食べられる。

つかみ取りイベントも行われる。

あっけし牡蠣まつり

秋に開催、毎年10月初旬から10日間ほど。

新鮮な牡蠣はもちろん、アサリやホタテ・ホッキ貝、

サンマやハナサキガニなど、厚岸の味が勢ぞろい。

買ってそのままバーベキューも出来るほか、

飲食店も出店しカキ弁当やアサリ汁などが販売される。

期間中の日曜には、牡蠣やサンマの掴み取りが行われる。

関連名物

厚岸産あさり

肉厚&うま味凝縮

大黒さんま

目利き厳選の特大サンマ

大黒ししゃも

厚岸もシシャモ産地のひとつ

大黒毛がに

冬に獲れるでっかい毛ガニ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

厚岸漁業協同組合

特産の紹介やイベント情報など

厚岸漁協直売所 エーウロコ

特産の水産物を販売

厚岸町

自治体公式サイト

厚岸観光協会

観光・イベント情報など

Google検索 「厚岸 牡蠣」

タグ: ,