大黒さんま

厚岸は秋のサンマも名物。

脂の乗った旬のサンマの味は格別。

さらに特大のものを厳選しブランド化。

厚岸のサンマ

秋の味として知られるサンマ。

北海道厚岸町もサンマ漁が盛ん。

時期ともなれば多くのサンマ漁船が漁に向かう。

厚岸で水揚げされる魚の中でも、サンマはダントツ一位、

2万トンを超える量が水揚げされる。

サンマは夏まで北のオホーツク海などを回遊、

餌をたっぷり食べ、秋に南下する。

南下し始めのサンマが獲れるので、

厚岸のサンマは脂の乗りが抜群。

その脂の乗りから、トロサンマとも呼ばれる。

厚岸のサンマ漁は7月から10月まで。

棒受網漁という、サンマの習性を利用し、

強い光で網に誘導する方法で水揚げされる。

9月頃には大消費地の札幌で、

厚岸さんま祭りを開催し、PR活動も積極的に行う。

ブランド紹介

厚岸では、よいサンマが獲れるだけでなく、

そのなかから大物を厳選、ブランド化している。

その名も「大黒さんま」。

大黒様っぽい響きで、なんだか縁起もいい。

厚岸のブランド、「大黒(だいこく)シリーズ」の主役。

地域ブランとして地域団体商標も取得済み。

サンマを網上げ後、船の上で特大のサンマを選別。

紫外線殺菌冷却海水を使い、一気に箱詰め。

鮮度を守るために冷やされ、持てばピンと立つほど。

漁に出てから24時間以内に港に水揚げされ、

箱にはブランドラベルが貼られ出荷される。

このラベルには、水揚げした船・漁獲日・漁場などの

情報を記載、トレーサビリティにも配慮。

その体は栄養たっぷり脂肪がたっぷり。

鮮度の高さも折り紙付きなので、

刺身で食べたいところ。

とろける味わいは正にトロサンマ。

当然、塩焼きも抜群の旨さ。

身のフワフワ感、あふれ出す脂、香ばしい焼き目。

大根おろし、スダチなどを添えて。

定番ながら、やはり強力。

想像しただけで、、、うまい。

秋の食の豊かさを実感できる。

香草たっぷりのパン粉焼きなども美味。

大黒シリーズは、サンマだけでなく、

シシャモ・毛ガニ・北海シマエビもラインナップ。

主に動く系の水産物。

動かない系の水産物、カキやウニ・アサリ・ホタテなどは、

えもんシリーズでブランド展開される。

関連名物

厚岸の牡蠣

一年を通し出荷できるのが特徴

厚岸産あさり

肉厚&うま味凝縮

大黒ししゃも

厚岸もシシャモ産地のひとつ

大黒毛ガニ

冬に獲れるでっかい毛ガニ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

厚岸漁業協同組合

特産の紹介やイベント情報など

厚岸漁協直売所 エーウロコ

特産の水産物を販売

厚岸町

自治体公式サイト

厚岸観光協会

観光・イベント情報など

Google検索 「厚岸 大黒さんま」

タグ: ,