大黒毛がに

厚岸の冬の味、毛ガニ。

よくしまった身と濃厚なカニミソが味わえる。

大型のものを厳選し、大黒ブランドの一つにもなる。

厚岸の毛ガニ

牡蠣やサンマの有名な北海道厚岸町。

冬には毛ガニも水揚げされる。

厳寒の2月に毛ガニ漁がスタートし、

4月ごろまで続けられる。

寒い冬の寒い海のなか、

毛ガニの身は引き締まり、味は凝縮される。

たっぷりの身肉に、しっかり詰まったカニミソが味わえる。

3月頃には、厚岸毛ガニ祭りも開催され、

格安の毛ガニが手に入るチャンス。

鉄砲汁が振舞われ、甲羅焼きも作られる。

子供限定の毛ガニ釣りや

じゃんけん大会などのイベントも行われる。

寒さもピークの時期なので、

暖かい格好で美味しい毛ガニを買いに行こう。

ブランド紹介

厚岸のブランド「大黒(だいこく)シリーズ」。

毛ガニもそのラインナップのひとつであり、

「大黒毛がに」の名で有名。

ブランド認定の条件は、

厚岸の海にある大黒島の沖合いで獲れた毛ガニ。

重量は800g以上の大物。

身入りも色味も良く、傷のないもの。

カニ籠を揚げた船上で選別し、

海水に入れて活状態で港に運ばれる。

港でもチェックを受け、合格したものには、

大黒様の描かれたブランドタグがつけられる。

もともとの漁獲量も決して多くは無く、

一日に獲れる数も船により制限される。

そのため多くても一日あたり100尾程度と希少。

さらに天気の荒れる時期でもあり、

漁に出られないことも多いため、

出回る頻度もレアとなる。

大黒毛がには800g以上と大きく、

時には1キロ以上のものも登場する。

その体は大きく、脚にはたっぷりの身が詰まり、

カニミソも濃厚。すみずみまで食べ尽くし、

一尾でもしっかりと満足できるデッカイ毛ガニを堪能しよう。

大黒シリーズは他にも種類があり、

鮮度と大きさにこだわったラインナップ。

大黒さんま → 特大さんま

大黒ししゃも → オスのよく太ったシシャモ

大黒時さけ → 春のトキシラズ鮭

大黒しまえび → 貴重なホッカイシマエビの特大物

また有名なカキやアサリ、ウニなどは

「えもんシリーズ」としてブランド展開している。

関連名物

厚岸の牡蠣

一年を通し出荷できるのが特徴

厚岸産あさり

肉厚&うま味凝縮

大黒さんま

目利き厳選の特大サンマ

大黒ししゃも

厚岸もシシャモ産地のひとつ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

厚岸漁業協同組合

特産の紹介やイベント情報など

厚岸漁協直売所 エーウロコ

特産の水産物を販売

厚岸町

自治体公式サイト

厚岸観光協会

観光・イベント情報など

Google検索 「厚岸 大黒毛がに」

タグ: ,