散布の簾ちか

ワカサギによく似た海の魚チカ。

よく似ているが20cmと大きめになる。

揚げ物にすると美味しい。

魚のチカ

チカは海で獲れる魚で、

ワカサギの海バージョンといった感じ。

ワカサギは海から淡水まで幅広く生息するが、

チカは基本的に海にのみ生息。

おおまかにいうとシシャモの仲間。

チカとワカサギの違いは、ヒレの位置。

腹ビレの開始ポイントが背ビレよりも、

後ろだとチカ、前だとワカサギ。

全長は約20cmほどになり、

ワカサギと比べ多少骨が大きい。

寄生虫の心配もあるので、

火を通すか、冷凍したものを食べよう。

シシャモなどについてざっくり紹介。

→ シシャモ(本シシャモと仲間)

浜中町のチカ

北海道浜中町は北海道の東にある町。

散布(ちりっぷ)漁協と浜中漁協の2漁協があり、

ウニやサンマなどの水産物が名物となっているが、

チカも名産のひとつに挙げられる。

漁期は春4〜6月と秋10〜12月の2回。

前浜で漁獲されたチカは、

葦などを口に通され、ぶら下げるように干される。

シシャモでよく見られる光景。

浜風で一夜干しにされたチカは、まるで暖簾のよう。

漁協では、この一夜干しのチカを、

簾ちか(れんちか)として出荷している。

食べ方の定番は、フライや天ぷら、から揚げなど。

サクっと頭から丸ごと食べられる。

揚げたものを南蛮漬けにしても旨い。

こんがりと姿焼きにしても美味しい。

大型のものは、甘辛く甘露煮にするといい。

多少骨が大きくても食べやすくなる。

関連名物

散布のうにっぷ

養殖でしっかり育ったウニ

霧鮮さんま・日帰りさんま

鮮度ばっちりのサンマ

火散布沼の牡蠣・アサリ

海とつながる火散布沼で育った牡蠣やアサリ

浜中町の海の幸

色々な海の幸が水揚げされる

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

散布漁業協同組合

漁協の紹介

浜中漁業協同組合

漁協の紹介

北海道浜中町

自治体公式サイト

浜中町観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「散布 ちか」

タグ: ,