浜中町の海の幸

浜中町は水産の町。

昆布やサンマ、サケにウニ、などなど、

種類も豊富な水揚げが自慢。

浜中町の海の幸

北海道浜中町は、好漁場が目の前にあり、

年間を通し豊富な海の幸が水揚げされる。

主なところでは、

昆布(長昆布や厚葉昆布など)、

サンマ、サケ・マス、タラ類、アイナメ、カレイ、

エゾバフンウニ、毛ガニ、タコ、

ツブ貝、ホッキ貝、アサリ、牡蠣 など。

紹介

種類も時期も色々なのでざっくりと紹介。

4月

カレイ類が種類豊富に獲れる(~12月)

クロガレイ、マガレイ、サメガレイ、

アカガレイ、イシガレイ、ヌマガレイなど。

高級魚のマツカワ、巨大なオヒョウも水揚げあり。

秋冬のババガレイは、煮付けが美味、刺身でもいける。

フライがうまい春のチカ(~6月)

タラの仲間、春のコマイ(~6月)

5月

春のサケマス漁が始まる(~6月)

たっぷりと脂の乗った春のサケ、トキシラズの時期。

煮付けにすると美味しいカスベ(~6月)

食感コリコリの真ツブ貝(~7月)

道東名物のハナサキガニ(~7月)

茹でガニはもちろん、鉄砲汁や天ぷらにしても旨い。

アイナメやメバル・ソイなど(~12月)

鍋にすると旨い真カジカ(~12月)

6月

若い昆布・棹前昆布の時期。

火散布沼の牡蠣も食べ頃(~7月)

7月

昆布漁が本格化(~9月)

天然昆布が豊富で、町の主力。

加工品も多数手がける。

8月

サンマの季節到来(~10月)

漁場も近く、鮮度の良いサンマが水揚げされる。

貴重なホッカイシマエビも獲れる時期。

9月

秋サケ漁がスタート(~11月)

まばゆく銀色に輝く姿は見事。

筋子やイクラ、白子も美味しい。

貴重で超高級な鮭児(けいじ)が獲れることも。

1万本に1本ともいわれる幻のサケ。脂の乗りが凄まじい。

養殖ウニも出荷スタート(~4月)

10月

秋冬のホッケ(~12月)

マダラ・スケソウダラ・秋コマイのタラ類3種(~2月)

ヤナギダコ・ミズダコもよく獲れる(~2月)

秋チカやシシャモ、ハタハタなども水揚げされる。

11月

寒くなったらアサリの季節(~3月)

天然ウニ漁もスタート(~3月)

2月

毛ガニ漁が始まる(~4月)

身がびっしりカニミソたっぷり。

1kgを超える大物が水揚げされることも。

3月

肉厚で歯ごたえしっかりのホッキ貝(~4月)

といった感じで、季節ごとに色々な海産物が水揚げされる。

関連名物

散布のうにっぷ

養殖でしっかり育ったウニ

散布の簾ちか

ワカサギの海バージョン

霧鮮さんま・日帰りさんま

鮮度ばっちりのサンマ

火散布沼の牡蠣・アサリ

海とつながる火散布沼で育った牡蠣やアサリ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

散布漁業協同組合

漁協の紹介

浜中漁業協同組合

漁協の紹介

北海道浜中町

自治体公式サイト

浜中町観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「浜中町 海の幸」

タグ: