羅臼のエゾバフンウニ

羅臼の海は豊かな海。美味しい昆布が育ち、

それを食べて育つウニもまた美味しい。

品質と味の良さから評価も高い羅臼の名物。

知床・羅臼の海

北海道羅臼町は、北海道東部・知床半島にある町。

世界自然遺産にも登録された自然豊かな町。

原生林がたくさん残り、野生動物もたくさん生きる。

山からはたくさんの川が流れ、

川を通し豊富な栄養分が海に届けられる。

またオホーツク海は、流氷の効果によりプランクトンが豊富。

このため、羅臼周辺の海は豊かな海となっている。

エゾバフンウニ

ウニの一品種でかなりメジャー。

北海道ではガンゼやガゼとも呼ばれる。

(対してキタムラサキウニは、ノナと呼ばれる)

ずんぐりした丸っこい姿をしていて、

芝生のような短いトゲで覆われる。

中の黄色い生殖巣を食べる。

その味わいは濃厚で甘みも強く、人気がある。

オスは若干白っぽく、メスはオレンジに近い色。

オスメスで分けられた折ウニは高級品。

オスかメスかで少し味わいが異なる。

自分好みの方を見つけるのも一興。

羅臼のウニ

昆布の名産地は、ウニの名産地。

羅臼町では、高級昆布・羅臼昆布が有名だが、

その昆布を食べて育つエゾバフンウニもまた有名。

その味を左右するのが、何を食べて育ったか。

ウニは雑食で色々食べるが、メインは昆布などの海藻。

美味しい昆布を食べて育つウニは、やはり美味しい。

羅臼のウニ漁は、冬から春にかけて行われる。

漁のメインは、船上から箱メガネで海底のウニを見つけ、

長い棒に付いたタモ網で獲る漁法。

小さい舟で行うので、天候や波次第では

漁に出られないこともよくある。

春には一部、潜水器での漁も行われる。

羅臼漁協では資源維持のため、

一月~四月は南部、五月六月は北部、というように

ウニ漁のエリア替えを行う。

昭和30年代からウニ漁が行われてきたが、

資源減少を経験し、育てて獲る漁へと転換。

稚ウニの育成・放流施設も1995年に完成。

稚ウニは春に海へ移され、

2年ほどの中間育成を経て、

ウニの漁業区画へと放流される。

濃厚な味わいと豊かな甘みが特徴の羅臼のエゾバフンウニ。

漁から戻ると鮮度が高いまま加工に入り、

オスメス・大きさ・状態などにより選別。

板に載せた折ウニと、

塩水につけた塩水ウニに加工され、出荷。

その味わいと品質の高さから市場の評価も高い。

関連名物

羅臼昆布

高級昆布のひとつ 濃厚な出汁が特徴

知床羅臼銀毛鮭・羅皇

旬の秋鮭から目利きが厳選

羅臼の鮭児

幻の鮭 脂の量が段違い

羅臼のブドウエビ

かなり希少なエビ 生が旨い

羅臼町の海の幸

多くの海の幸が水揚げされる

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

羅臼漁業協同組合

漁協の紹介

海鮮工房 羅臼漁業協同組合直営店

漁協の販売サイト

羅臼町

自治体公式サイト

知床羅臼町観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「羅臼 ウニ」

タグ: ,