羅臼の海の幸

知床半島にある北海道羅臼町。

流氷が有名なオホーツク海の豊かさと、

世界遺産にも登録された知床の大自然からの栄養を背景に、

四季を通じ様々な海の幸が水揚げされる。

羅臼の地形

知床半島の中央部は火山性の山地が連なり、

エゾマツやミズナラなどの原生林が広がる。

自然たっぷりで野生動物もたくさん。

世界自然遺産にも登録された地域。

山から多くの川が流れ、海に栄養をもたらす。

オホーツク海は流氷の効果により、

プランクトン豊富で豊かな海。

羅臼沖は断崖になっていて、すぐそこに深海が広がり、

水深ごとに様々な生き物が生活している。

地形を活かし、深い海の水(海洋深層水)を汲み上げて、

水産業での活用や関連商品の販売なども行う。

海の幸の紹介

キンキ

キチジ・メンメとも呼ばれる。

30cmほどの真っ赤な深海魚。

煮付けは絶品の旨さ。

皮付きで湯引きした刺身も美味しい。

湯煮という食べ方もある。

昆布ダシで軽く煮て、ポン酢や醤油・ソースなどで食べる。

シンプルながら、その身の旨みを堪能できる。

メヌキ

その名は、水圧の変化で目が抜け出ることから。

赤い体の深海魚で、大型の魚。

60cm以上になることも。

鍋物・煮付けにすると美味しい。

刺身・塩焼き・一夜干も旨い。

洋風にブイヤベースやアクアパッツァ、

香ばしくポワレ・ソテーにしても良い。

サケ・マス類も豊富に獲れる。

初夏のトキシラズ、夏のカラフトマス、

秋は秋鮭に貴重な鮭児、

冬にはマスノスケ(キングサーモン)が揚がることも。

塩焼き、フライ、ルイベ、山漬け、サケフレークなど。

筋子、イクラ、白子も美味しい。

人気のホッケ。主に春と秋、秋物の評価が高い。

マホッケが大部分を占め、シマホッケも少し獲れる。

タラ類の季節は冬。

スケトウダラ、マダラ、コマイ。

鍋物やフライ、干物。卵はタラコに。

年間を通し色々なカレイ類が獲れる。

時期により、獲れる種類も変わる。

ソウハチガレイ、クロガレイ、マガレイ、

サメガレイ、アカガレイ、アサバガレイ、

マツカワ、オヒョウなど。

煮付け・ソテー・干物・刺身に。

ソイ類やメバルなど。

アオゾイ、シマゾイ、クロゾイ、エゾメバルなど。

煮物、鍋物、ブイヤベース、ポワレ、フライに。

鍋物にすれば絶品のカジカ、

時にはシイラも獲れる。

煮つけが美味しいエイ・カスベは年中。

エビ漁は夏だけ。

希少なブドウエビのほか、

ボタンエビ(トヤマエビ)、ホッカイシマエビ、

漁獲量の少ないガサエビというのもある。

巻貝のツブも獲れる。

マツブ、アカツブ、毛ツブ、千金ツブ、ラウスバイなど。

食べるとダメな部位を持つものもあるので注意。

有名な昆布にエゾバフンウニのほか、

ナマコ、ホタテ、ホッキ貝も水揚げされる。

イカやタコも。

羅臼のスルメイカは秋が漁期。

身の柔らかいドスイカというのも獲れる。

タコでは、ミズダコ・ヤナギダコ。

年末にかけて特に人気。

流氷とともにクリオネがやってくることもある。

関連名物

羅臼昆布

高級昆布のひとつ 濃厚な出汁が特徴

知床羅臼銀毛鮭・羅皇

旬の秋鮭から目利きが厳選

羅臼の鮭児

幻の鮭 脂の量が段違い

羅臼のブドウエビ

かなり希少なエビ 生が旨い

羅臼のエゾバフンウニ

いい昆布で育つ美味なウニ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

羅臼漁業協同組合

漁協の紹介

海鮮工房 羅臼漁業協同組合直営店

漁協の販売サイト

羅臼町

自治体公式サイト

知床羅臼町観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「羅臼 魚」

タグ: