別海のジャンボホタテ

別海町を代表する名物、ホタテ。

オホーツク海からの栄養をたっぷり摂って大きく育つ。

地元グルメにも採用され、各地の大会の常連。

5月にはイベントも開催される。

根室海峡のホタテ

北海道はホタテの名産地が多数ある。

オホーツク海沿岸、噴火湾が有名だが、根室海峡沿岸も名産地。

流氷の影響によりプランクトンが多く豊かなオホーツク海から

栄養たっぷりの親潮が根室海峡を通り太平洋を南下する。

さらに山々からの栄養も川を伝い流れ込むため、

ホタテなど様々な海の幸がよく育つ。

別海のホタテ

北海道別海町・尾岱沼港の野付漁協では、

根室海峡の真ん中に突きだした野付半島の

沖合いでのホタテ養殖が盛ん。

海に区画を決め、稚貝を放流する地撒き方式での養殖が行われる。

4年かけて大きく育ったホタテは、冬から春にかけて水揚げされる。

野付半島沖でホタテは大きく育ち

貝殻は大人の手のひら並みになり、

貝柱だけでもかなりの大きさと肉厚さ。

別海のホタテは、グリコーゲンという成分が豊富。

エネルギーを蓄えるための糖質の一種で、動物デンプンとも呼ばれる。

プランクトン豊富な海だからこそ蓄えにまわせる栄養分も多い。

グリコーゲンはホタテ特有の甘さのもととなる成分のため、

別海のホタテは甘みたっぷり。

またホタテは、疲れに効くタウリンも多い。

タウリンといえばイカが有名だが、イカに比肩する含有量。

さらにタンパク質豊富で低カロリー。

それでいて美味しいと、良いトコたくさん。

刺身やお寿司のほか、

バター焼きやフライでいただく。

煮物・お吸い物にしてもウマイ。

地元グルメ・イベント

「別海ジャンボ牛乳&別海ジャンボホタテバーガー」は、

別海を代表するご当地グルメ。

海と陸の名物を一緒に味わえる。

春巻きにしたジャンボホタテを中心に、

自分で挟んで作るスタイルのバーガー。

生乳生産日本一として、ジョッキ入りの牛乳と共に。

町内の複数店舗が参加している。

各地のご当地グルメグランプリでも常連となっている。

「別海ジャンボホタテジンギスカン」

北海道名物のジンギスカンとホタテを組み合わせた。

ホタテとチーズ、野菜たっぷりのジンギスカン。

略称は「元祖ホタジン」。

5月には「別海ジャンボホタテ&ホッキ祭り」も開催。

ホタテやホッキの格安販売や釣り大会が行われる。

ホタテの貝焼き、串焼き、ザンギ、カレーなど

食べ物コーナーも充実。

ほかに乳製品なども取り扱う。

関連名物

別海のアサリ・ホッキ貝

潮干狩りや特売市も開催

野付湾のホッカイシマエビ

豊かな浅海で打瀬舟を使い漁を行う

献上西別鮭

天然鮭の旨味を引き出した一品

風蓮湖のニシン

放流事業を継続中

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

別海漁業協同組合

漁協の紹介

野付漁業協同組合

漁協の紹介

別海町

自治体公式サイト

別海町観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「別海 ホタテ」

タグ: ,