別海のアサリ・ホッキ貝

貝類が名物となっている別海町。

栄養たっぷりの根室海峡では、

ホタテのほか、ホッキ貝やアサリもよく育つ。

イベント開催や地元グルメとしても活躍。

根室海峡と貝

北海道別海町の目の前に広がる根室海峡。

流氷の影響によりプランクトンが多く豊かなオホーツク海から

栄養たっぷりの親潮が根室海峡を通り太平洋を南下する。

さらに山々からの栄養も川を伝い流れ込むため、

ホタテやホッキ貝、アサリなど貝類がよく育つ。

アサリ

別海町・野付のアサリは大粒なのが特徴。

身はぷりぷりで、よい出汁も取れる。

吸い物・酒蒸し・バター焼き・炊き込みご飯など、使い勝手もよい。

基本的に手作業で熊手などを使い採取される。

採取時期は4~7月の春から初夏にかけて。

GWの頃から土日を中心に開催されるのが、

「別海町尾岱沼潮干狩りフェスティバル」。

大粒のアサリ堀りが楽しめる。

頑張りすぎて腰を痛めないように。

日本全体ではアサリの漁獲量が減少するなか、

北海道東部で獲れるアサリは存在感を増す。

安定的な漁獲量・品質を維持するため、

婦人部を中心とした植樹活動・河川維持活動も行われている。

ホッキ貝

別海町には北の野付漁協と南の別海漁協、二つの漁協があるが、

ホッキ貝の漁はどちらの漁協でも盛んに行われる。

ホッキといえば苫小牧が有名だが、

別海町は苫小牧に次ぐ産地だったりする。

北の冷たい海の中で育ったホッキ貝は、

大粒で身が厚く、よくしまっている。

刺身やお寿司、酢の物などに向く。

火を通しすぎないようさっと炙っても味わいが増す。

「ホッキ市」

南の別海漁協の主催で行われるホッキのイベント。

5月のどこかで開催。

格安で大ぶりのホッキ貝が手に入るとあって大勢の人で賑わう。

ホッキカレーやホッキ入り焼きそば、

ホッキのバター焼きなども振舞われる。

ホッキ貝関連以外にもホタテやアサリ、ニシンなどの

別海の海の幸や、乳製品なども販売される。

「別海ジャンボホタテ&ホッキ祭り」

北の野付漁協を中心に5月に開催される。

ホタテやホッキの格安販売をメインに

ホタテの貝焼き、串焼き、ザンギ、カレーなど

食べ物コーナーが充実。

ホタテやホッキの釣り大会も行われるほか、

町特産の乳製品も取り扱われる。

どちらのイベントも時化などにより、

お目当てのものが無い場合も。

参加したいときには好天が続くことを祈ろう。

地元グルメ

別海町が力を入れる地元グルメ、

別海ジャンボシリーズにも取り入れられている。

「別海ジャンボアサリ釜めし」

町の宿泊施設限定な朝食メニュー。朝釜。

別海産のアサリから出る旨いエキスを

たっぷり吸い込んだ釜飯を中心に、

アサリ汁や香の物がついた朝ごはん。

「別海ジャンボホッキステーキ丼」

別海産のジャンボホッキを塩のみでソテーし、

炒り卵をのせた昆布入り混ぜご飯とともにいただく。

シンプルな調理方法だからこそ分かるホッキ貝の旨さ。

「別海ジャンボホッキカツ丼」

ホッキ貝は火を通しすぎると固くなってしまう性質を持つが、

カツにすると良い感じらしい。

というわけで、カツ丼にしてみました。

ご飯にソテーしたホッキの耳・貝ヒモ・タマネギを敷き、

塩コショウで味付けしたカツを載せ、

アサリ醤油ベースのタレをかけていただく。

鮭節や山わさびのトッピングでさらに味わいも広がる。

関連名物

別海のジャンボホタテ

地撒きでジャンボに育ったホタテ

野付湾のホッカイシマエビ

豊かな浅海で打瀬舟を使い漁を行う

献上西別鮭

天然鮭の旨味を引き出した一品

風蓮湖のニシン

放流事業を継続中

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

別海漁業協同組合

漁協の紹介

野付漁業協同組合

漁協の紹介

別海町

自治体公式サイト

別海町観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「別海 アサリ ホッキ」

タグ: ,