根室のサンマ

秋に出回る美味しい魚といえば、サンマ。

北海道東部の根室市は、トップクラスのサンマ水揚量を誇る。

脂がたっぷり乗り、トロサンマとも評される。

根室の名物としてイベント開催・地元グルメ開発も行われる。

サンマ

秋のグルメを代表する魚。

サンマの塩焼きは定番中の定番。

鮮度の高いものは、刺身や寿司でも食される。 

開きや丸干し、缶詰などにも加工され流通する。

下ごしらえも簡単なため、料理しやすい。

煙と油には、主に掃除の面で、注意が必要。

値段も安く出回り、大量に消費される。

産地だけでなく、日本各地でサンマ祭りが開催される。

サンマという名前は、「サイラ(佐伊羅魚)」に由来する。

紀伊半島の方言での呼び名から。

秋刀魚と表記されることも多い。

漁獲エリアが日本近海のため、大部分が日本で消費される。

あとは日本の北、ロシアの一部で食べるくらい。

見た目は細長く、銀色に輝く。

ウロコが小さく薄いので剥がれやすい。

腸が短いのが特徴で、餌は20~30分程度で消化・排出される。

特に時期の初めの脂乗りはスゴイ。

サンマの持つ脂は健康にも良いらしい。

青魚のため、水分が多く、鮮度が落ちやすい。

冷凍保存時には、脂が酸化する油焼けに注意が必要。

生息地は、北太平洋の広いエリア。

日本の南にある黒潮の暖流域で卵から孵化したあと、

黒潮に乗って北の海へとや移動する。

大きな群れを作り、広いエリアを回遊し成長する。

夏はオホーツク海など、かなり北の海にいる。

2年ほどで体長は35cmくらいに成長する。

成長したサンマは、夏の終わりになると産卵のため南下。

親潮に乗り北海道から関東を経て、

西日本・九州の方にまで移動し、産卵する。

日本海側を通るものもある。

主な漁場は、根室沖・三陸沖・銚子沖の3つ。

サンマ漁の漁期は8月から11月と長く、

時期が遅くなるにつれ漁場も南下する。

漁法は、棒受け網漁がメイン。

夜に光に集まる習性を利用し、群れを誘導、一気に網ですくう。

流し網や刺し網による漁も行われる。

サンマは飼育するのが難しく、100%天然物が出回る。

重要な水産資源であることから、

漁獲可能量制度(TAC制度)により

資源量を調査の上で漁獲量が決められる。

根室といえばサンマ

北海道東部、北太平洋に面する根室市。

サンマの水揚げ量が多く、日本一を何度も記録している。

オホーツク海から南下し始めるスタート地点のため、

トロサンマと呼ばれるほど脂が乗ったものが獲れる。

また漁場が近いため、鮮度の高さの点で有利。

夜出て朝帰港するので、日帰りサンマと呼ばれる。

時期になると、他県からの船も含め、

大小あわせ150隻ものサンマ漁船が集まる。

根室付近でのサンマ漁は、

7月末から8月中旬は小型中型船による刺網漁・流網量、

8月中旬以降は大型船による棒受網漁が解禁され、

9月にピークを迎え、10月頃まで水揚げが続く。

水揚げ港は、根室港の花咲港区。

根室の太平洋側にある港。

最盛期には、1日で3,000tもの水揚げがある。

その量に負けず、鮮度を落とさず出荷できるという

収容・輸送などの処理能力の高さも特徴的。

漁船から水揚げ後、選別機で重さごとに分けられ、

一気に箱詰めされスピーディに全国へ出荷される。

サンマは根室の水産業の要で、

量・金額ともに全魚種の約半分を占める。

水揚げ量の多さから、二次加工にも力を入れ、

多くの加工品が作られている。

国内流通での価格低迷もあるため、

ベトナムなど海外市場も視野に入れた活動にも積極的。

根室漁協でもブランドサンマを取り扱い、

鮮度の高さで差別化をはかる。

根室漁協のブランド「沖鮮さんま」は、

漁船の上で魚体の大きいものを選別し、

その場で氷とともに箱詰めして鮮度を維持する。

手間がかかるため、あまり量は出回らない。

イベント・グルメ

「根室さんま祭り」

根室港の特設会場で、9月後半に開催。

旬の新鮮なトロサンマが楽しめるイベント。

80~100mの岸壁炉端が二列設置され、

その場でサンマを炭火で焼いて堪能できる。

食べ物のラインナップも豊富。

刀汁(さんまのつみれ汁)、さんま飯、

さんま節ラーメン、さんまザンギと全力でサンマ尽くし。

つかみ取り大会や箱売りサンマの即売会も目玉。

YOSAKOIソーラン披露・ステージショーなどもあり、

地酒の販売やフリーマーケットも行われる。

夜になると、さんま漁で使用される集魚灯で会場がライトアップされる。

「根室さんまロール寿司」

根室の地元グルメのひとつ。

根室の名物を組み合わせ、2008年からスタート。

根室産サンマ、北海道産の大葉・ネギ・白ゴマ、酢飯を

根室産の柔らかな棹前昆布で巻いたもの。

醤油には、これまた地元の「はぼまい昆布しょうゆ」を使用。

市内の複数店舗で提供されている。

関連名物

しお風さんま

落石漁協のサンマブランド

歯舞一本立ちさんま

歯舞漁協のサンマブランド

根室のハナサキガニ

北海道東部限定の名物カニ

はぼまい昆布

色々取れて、加工品の展開にも力を入れる

風蓮湖のコマイ

冬季の氷下待網漁が有名

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

根室漁協

漁協の紹介

歯舞漁協

漁協の紹介

落石漁協

漁協の紹介

根室湾中部漁協

漁協の紹介

根室市

自治体公式サイト

根室市観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「根室 サンマ」

タグ: ,