根室のハナサキガニ

北海道といえば色々なカニが獲れることも特長のひとつ。

北海道東部が主産地のカニがハナサキガニ。

根室の夏秋の名物でありイベントも開催される。

資源回復・維持に向けた取り組みも行われる。

ハナサキガニ

北の海で獲れるカニ。

根室市にある花咲港によく水揚げされることから、

ハナサキガニの名がついたといわれる。

また、茹でると真っ赤になり花が咲くようだから、ともされる。

タラバガニの近縁で、カニではなくヤドカリの仲間。

甲幅・甲長とも15cmほどの大きめのカニ。

甲はハート型で、中央のあたりが少しへこむ。

生きている状態での色は、茶褐色。

体にトゲトゲがあり、しかも長め。

脚は太くて短く、ずんぐりした感じのカニ。

ある程度の大きさになるまで、5・6年かかる。

主な生息域は、北太平洋。

ベーリング海からオホーツク海沿岸にかけて。

水深でいえば、200m程度まで。

日本では、根室周辺が主な産地となっている。

ハナサキガニと根室

根室でのハナサキガニ漁は、

カゴを仕掛けるカニ篭漁で

だいたい7月から9月にかけて水揚げされる。

昔はたくさん獲れたが、乱獲により資源が急激に減少。

1981年からは3年間の禁漁を行った。

現在も根室地域の特産として重要視されていて、

資源管理型の漁業の推進と

水揚げの安定化・継続化がはかられる。

具体的には

資源量調査、漁獲量や大きさの制限、

稚ガニ生産技術や中間育成技術の確立、

安定して卵を得るための親ガニ育成試験、

種苗放流試験や生存度調査 など。

グルメ・イベント

ハナサキガニは根室の夏の味。

有名なサンマとともに、

根室グルメの柱となっている。

ハナサキガニは脚が太く、身も多い。

独特の甘い香りが特徴的で、味が濃厚。

ちょっと油分が多め。

シンプルに塩ゆで、塩焼きにするのが定番。

鉄砲汁(脚のぶつ切り入りの味噌汁)も旨い。

ハナサキガニは、殻が頑丈でトゲもあるので

食べる際はキッチンバサミなどを使ったほうが良い。

「根室かに祭り」

毎年9月上旬に開催されるハナサキガニの祭り。

大きな鍋でのカニ茹で上げ実演や

かに取り合戦早食い競争などが名物。

海上ではカニの特別価格販売や

焼きガニ・茹でガニ・鉄砲汁などの食べ物も充実。

かに祭り音頭や太鼓実演などもある。

関連名物

根室のサンマ

サンマ水揚げ日本一

しお風さんま

落石漁協のサンマブランド

歯舞一本立ちさんま

歯舞漁協のサンマブランド

はぼまい昆布

色々取れて、加工品の展開にも力を入れる

風蓮湖のコマイ

冬季の氷下待網漁が有名

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

根室漁協

漁協の紹介

歯舞漁協

漁協の紹介

落石漁協

漁協の紹介

根室湾中部漁協

漁協の紹介

根室市

自治体公式サイト

根室市観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「根室 ハナサキガニ」

タグ: ,