はぼまい昆布

北海道東部の根室市にある歯舞漁協。

昆布の生産も盛んで、夏には

たくさんの昆布が水揚げされる。

加工品の展開やイベントも開催される。

北海道と昆布

北海道といえば、な名物のひとつが「昆布」。

海に囲まれた北海道の海岸各地に生息、

多くの場所で昆布漁が営まれている。

また地域ごとに異なった特徴をもつのも昆布。

大きく分けて、出汁昆布と食用昆布の2つ。

北海道の南東部・太平洋岸は、

長昆布・厚葉昆布・猫足昆布のエリア。

おもに食べる昆布として消費される。

長昆布は名前のとおり、葉の長い昆布。

細身だが、大きいもので15mにも育つ。

厚葉昆布は、肉厚で幅もある昆布。

長さは4mくらい。

上記2つは煮物や昆布巻きに使われることが多く、

塩昆布や酢昆布にされたりもする。

猫足昆布は、粘りの強い昆布。

根元が猫の足みたいな形をしているため。

そのネバトロな成分が健康に良いと注目される。

根室・歯舞の昆布

東の端にある根室市も

長昆布や厚葉昆布の生息するエリア。

根室市の歯舞漁協でも昆布漁が行われ、

漁協内でも多くの人が昆布に携わる。

昆布の漁期は夏が中心だが、品種により時期をずらす。

6月の棹前昆布と呼ばれる早採りの昆布からスタート。

7月から漁は本格化し、

8月いっぱいまで長昆布、

9月は厚葉昆布、

10月は猫足昆布、というように採る昆布が交代する。

オホーツク海からの親潮が運ぶ栄養を取り込み、

その親潮が太平洋に合流するという複雑な海流の中で、

大きくしっかり育った昆布が採れる。

天気の良い日は海岸が昆布の天日干しで黒く覆われ、

歯舞の夏を代表する風景となっている。

乾燥、寝かせ、選別を経て、

はぼまい昆布として市場へと出荷される。

昆布は製品として出荷されるだけでなく、

海でしっかりと生い茂ることで、多くの海の生物たちを育てる。

根室の名物たる多くの水産物を海底から支える重要な存在でもある。

関連商品

歯舞漁協の昆布部会では、

昆布関連商品の開発にも積極的。

はぼまい昆布しょうゆは、昆布出汁を使った醤油。

歯舞産の天然一等昆布を使用、

出汁の取り方にもこだわり、本醸造醤油とブレンド。

地元グルメ「根室さんまロール寿司」でも用いられる。

地域団体商標にも登録済み。

歯舞昆布を麺に練りこんだ乾麺、歯舞昆布そうめん・ひやむぎも

製品化されている。

イベント

「歯舞こんぶ祭り」

8月の後半に開催される。

大漁旗の掲げられた会場では、

はぼまい昆布しょうゆの販売や

漁協で獲れる海産物の販売が行われる。

浜の昆布料理や根室さんまロール寿司、

昆布ラーメン、昆布焼きそばやバーガーなど、

多くの出店が並び、食べ物類も充実。

カギ棒を使った昆布漁体験や

ヨサコイの披露などもある。

関連名物

根室のサンマ

サンマ水揚げ日本一

しお風さんま

落石漁協のサンマブランド

歯舞一本立ちさんま

歯舞漁協のサンマブランド

根室のハナサキガニ

北海道東部限定の名物カニ

風蓮湖のコマイ

冬季の氷下待網漁が有名

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

外部リンク

歯舞漁協

漁協の紹介

根室市

自治体公式サイト

根室市観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「歯舞 昆布」

タグ: ,