歯舞ブランド

根室の柱である水産業。

その水産業の活性化から、観光や他産業とも連携した

地域全体での活性化を目指す。

歯舞漁協では、まずは1部会1商品を目標に活動中。

マリンビジョン

北海道のマリンビジョン構想。

活力のある水産業や漁村の将来像を考え実現していこう

というもの。

環境保全と循環型社会の構築、

水産物の安定した供給ができる基盤と体制づくり、

それらによる漁村・地域の総合的な振興、

といった目標を持ち、各地で活動が行われる。

根室市でも歯舞地区と落石地区が対象となっている。

根室市の主要産業である水産業。

昔は盛んだった遠洋漁業・沖合漁業も

排他的経済水域の設定や色々な規制により規模を縮小。

メインは近場の漁場で行う沿岸漁業へとシフト。

漁場は狭くなり、獲れる魚種や量も限られる。

それでも市の中心は水産業。

加工流通サービス業も含めれば多くの人が関わる。

水産業を活性化し、さらに観光や他産業にも波及させ、

地域全体としての活性化を目標とする。

エコツーリズムにも通じる活動。

もうちょい具体的に

水産資源は有限。

ただ獲るだけでは無くなってしまう。

育て増やし獲り、それを維持することが大事。

資源量の継続的な調査、

漁獲する量やサイズ・漁具の設定により

獲り過ぎてしまうのを防ぐ。

稚魚の育成・放流、

産卵期を外した漁期の設定、

漁場・産卵場所の保護・維持、などにより

水産資源の再生産を維持・後押し。

資源量が安定すれば、大きさや身の付き方など

出荷物の質の安定にもつながる。

また魚種による偏りを減らすことで

季節や年単位での変動にも強くなるため、

満遍なく手をかけていくことも大事。

市場・消費者の求めるレベルも上がり、

鮮度のよさに加え、安心安全や情報公開なども必要に。

消費者の評価は、それが自分の前に来たときにされる。

いいものを安定して水揚げしたらおしまいではなく、

質の良いまま需要のある場所に

スムーズ&スピーディに届くよう流通システムを改善。

温度管理・短時間作業などにより鮮度を維持するほか、

流通業者やお店など外部との協力も必要。

安全面・信頼度を高めるため、

各工程を継続管理し安全性を維持するHACCPや

トレーサビリティの導入にも取り組む。

情報化の進展にも対応。

旬の情報や産地での食べ方紹介などの情報発信は当然。

消費者からの評価やレシピ投稿など情報吸収も大事。

同じ水産物でも他産地や国際間での競争、

また他ジャンルの食品との競争などもある。

全体の情報量も多くなっている。

その他大勢に埋もれてしまわないよう、

情報の更新・継続も必要。

イベントや特産品販売会などに参加し、

そこで力を発揮できるか。

加工品など需要のある形での提供ができるか。

といった力も求められる。

以上のような地道な活動・レベルアップを行い、

根室市の漁業・水産業の振興を目指す。

さらに水産業に留まらず、酪農などの農業や観光とも連携、

各部門での参加・体験型の観光・学習など

相互作用で市全体の活性化を図る。

根室を中心に考えたとき、

根室海峡沿いに北上すれば、

道東の酪農地帯・野付半島・知床半島などの観光エリア、

道東太平洋岸に西へ向かえば、

厚岸・釧路・十勝・襟裳の漁業酪農エリア へもつながる。

広い北海道の各地でその場所にあった振興を行い、

それらが連動すれば更に価値も高まり、

中長期滞在型の観光ゾーンにもなりうる。

長くなったが、

まずは漁業・水産業からがんばって

地域力・地域ブランド力を上げていこう、って感じ。

どんなことやってるのか

根室市東部の歯舞漁協は、市に四つある漁協の中でも

一番の大所帯で、魚種や漁法により色々な部会がある。

各部会では、それぞれの良さを伸ばし、

まずは1部会1商品を目標に活動中。

サンマ部会 → 一本立ち歯舞さんま

 脂ノリノリのサンマを鮮度よく。

昆布部会 → はぼまい昆布

 3種類の昆布が採れる。加工品開発も。

うに部会 → はぼまい日の出うに

 良い昆布で育つウニは旨い。稚ウニ放流も。

花咲かにかご部会 → 根室のハナサキガニ

 北海道東部の名物カニ。

小型さけ・ます流し網部会 → 歯舞時不知(ときしらず)

 春から初夏、沖合いの太平洋を北上するシロサケ。

 成長の最中で脂たっぷり、ふっくらやわらかな身を持つ。

定置部会 → 秋のサケをメインとする。

 メジカを「歯舞しゃけ丸」、

 鮭児を「歯舞鮭児」とネーミング。

 タグ付けや証明書発行なども行う。

さけます部会 → 歯舞紅鮭

 春から初夏に北洋へと漁に向かう。

 シロサケ・ベニザケ・マスノスケなど。

はえなわ部会 → 歯舞〆まだら・ふとっぱら

 マダラ水揚げで上位の歯舞漁協。

 獲れるマダラは、餌の豊富な根室沖で育ちよく太ったもの。

 網ではなく釣り上げることで魚体にやさしく、

 すぐに船上で血抜きすることで鮮度を維持。

 「ふとっぱら」は4kg以上のオスが対象。

 全身食べられる上、白子は絶品の旨さ。

あさり部会 → 歯舞あさり

 冬真っ盛りの1月から4月が漁期。

 結氷する海で取れたアサリは大粒で味も濃い。

 漁場整備も行い、安定した収量と資源拡大を図る。

ホッキ部会 → 歯舞ホッキ貝

 北の海育ちの、大粒ホッキ貝。

 獲るホッキ貝は殻の大きさ9cm以上に限定、

 漁獲量も設定し資源の維持にも取り組む。

北海えび部会 → 歯舞北海しまえび

 獲れたての茹でたてで、旨みもばっちり。刺身でも良し。

 漁は6月からオホーツク側と太平洋側の両方で行われる。

 資源変動の大きな品種だけに資源維持にも積極的。

 漁具の制限や獲るサイズを8.5cm以上に設定するほか、

 稚えびの移殖放流なども行われる。

かご漁業部会

 海底にカゴを設置しお魚ゲット。

 漁場は太平洋、ツブ貝・アイナメ・タコを対象とする。

沿岸刺網部会

 泳ぐ魚が網に刺さるように漁を行う。

 獲れる魚種も多く、

 チカ・コマイ・キュウリウオ・ハタハタ・ニシン・

 カレイ・カジカ・アイナメ・ワラズカ(ナガズカ)など。

底刺網部会

 深海に住む魚を対象に漁を行う。

 歯舞沖、水深200mぐらいのところが漁場。

 メヌケ・キンキ・マダラ・ババカレイ・ホッケなど、

 北海道らしい旨い魚が水揚げされる。

底建網部会 → 歯舞の生干しコマイ

 水深30mほどの地点に筒状の網を仕掛け、

 誘いこんだ魚を水揚げする。

 コマイをメインとし、漁期は4~8月と10~2月の二度。

 寒風で干したコマイは風味も豊か。

 カレイ・ ホッケ・タラなども獲れる。

 他部会と共にハタハタの人工授精・放流にも取り組む。

小型定置網部会

 沿岸の近く800mほどで操業する。

 春から夏はコマイ・マス・カレイ、

 秋過ぎにはハタハタ・キュウリウオなどが水揚げされる。

 旨いカレイのマツカワ養殖にも取り組む。

待網漁業部会

 秋の終わりから冬の初めにかけて。

 自由でフリーダムらしい。

漁業の安定化と商品化・ブランド化だけでなく、

漁協指導船による遊覧船、

港に直結した漁協食堂の開設、

アサリ採りやウニ・エビ採りなど

実際に体験して楽しむ観光スタイルの構築、

地元のお酒と組み合わせたセット商品の開発、

日本一遅い花見が楽しめるよう千島桜の桜並木整備、

など観光や他産業と連携した活動も行っている。

新たな地元グルメの創作や

漁船の見学や港での水揚げ見学、加工場での加工体験など

漁業・水産がより身近に感じられるような活動にも期待。

外部リンク

歯舞漁協

漁協の紹介

根室市

自治体公式サイト

根室市観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「歯舞 ブランド」

関連名物

根室のサンマ

サンマ水揚げ日本一

しお風さんま

落石漁協のサンマブランド

一本立ち歯舞さんま

歯舞漁協のサンマブランド

根室のハナサキガニ

北海道東部限定の名物カニ

はぼまい昆布

色々取れて、加工品の展開にも力を入れる

風蓮湖のコマイ

冬季の氷下待網漁が有名

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

タグ: