温根沼の牡蠣

北海道根室市にある湖、温根沼。

海と接する汽水湖で、自然も豊富。

全体的に浅めの湖で、干潟は貝類の宝庫。

美味しい牡蠣も獲れ、名物となっている。

根室の温根沼

温根沼(おんねとう)は、

北海道根室市にある汽水湖。

東西に長い市域のちょうど真ん中くらいに位置。

南北に細長い形をした湖で、周囲は約15km。

根室半島の付け根に横たわり、

半島の幅の半分以上を占める。

北の湖口で根室湾と接する。

温根沼という字は、アイヌ語のオンネトーへの当て字。

大きな沼、年老いた沼といった意味。

足寄町にある湖、オンネトーと一緒。

日本の重要湿地500にも選出されていて、

野付風蓮道立自然公園の一部でもある。

西隣にある風蓮湖とともに

自然豊富な湿原エリアを形成している。

周囲はアカエゾマツの森林が広がり、

オンネベツ川など付近の多く川が流れ込む。

大部分の水深が浅めのため、

干潮時にはかなり先まで干潟になる。

googlemapで見ると、湖の浅い部分と

深い部分がくっきりと分かる。

広い範囲にアマモやコアマモなどの海草が分布、

藻場を形成し、湖の豊かさを支えている。

干潟には貝類のほか、

ユムシやイソメ、アナジャコなども多く生息。

野鳥の種類も多く、オオハクチョウやタンチョウもやって来る。

北の湖口には温根沼大橋がかかり、

根室市の根室海峡側の道を東西に結ぶという

交通面でも重要なポイントになっている。

湖を見渡すなら橋付近がオススメ。

根室海峡も一緒に見られる。

温根沼の漁業

温根沼の湖口付近を拠点に活動するのが

根室湾中部漁協。

温根沼の豊かさを活用した漁業を行う。

湖の北東の広いエリアが干潮時には干潟となり、

アサリやホッキガイの好漁場となっていて、潮干狩りも行われる。

冬には湖面も凍るため、

北海道名物の氷下待網漁が行われる。

温根沼の牡蠣

中でもイチオシなのが、温根沼での牡蠣養殖。

オホーツク海から根室海峡を通り湖に入り込む海の栄養、

上流の深い森から川を伝い湖に流れ込む山の栄養、

その二つが交じり合う汽水湖はプランクトンが豊富。

食べ物たっぷりで牡蠣の成育にも良く、

低い水温の中でゆっくり育つ。

漁期は年に2回。

12月ごろの初冬と6月ごろの初夏。

初夏は産卵に入る手前の時期、

初冬は真冬に備えて栄養を蓄える時期で、

小ぶりながらプリプリの身を持つ牡蠣が獲れる。

活動する漁師数も少なく、出荷量もそれほどはないが、

品質にこだわった旨い牡蠣として、評判の名物。

年に2回楽しめるので、

味の記憶力次第では食べ比べも可能。

外部リンク

根室湾中部漁協

漁協の紹介

根室市

自治体公式サイト

根室市観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「温根沼 牡蠣」

関連名物

根室のサンマ

サンマ水揚げ日本一

落石しお風さんま

落石漁協のサンマブランド

一本立ち歯舞さんま

歯舞漁協のサンマブランド

根室のハナサキガニ

北海道東部限定の名物カニ

はぼまい昆布

色々取れて、加工品の展開にも力を入れる

風蓮湖のコマイ

冬季の氷下待網漁が有名

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

タグ: ,