風蓮湖のコマイ

北海道東部にある風蓮湖。

大きな汽水湖で豊かな自然を背景に、魚介類も豊富。

湖面も凍る真冬に行うのが氷下待網漁。

特徴的な漁法で獲れるコマイは名物となっている。

風蓮湖について

風蓮湖(ふうれんこ)は、

北海道東部の別海町と根室市の間にあり、

北海道の汽水湖としては3番目の大きさをもつ湖。

横長で複雑な形をしていて、その外周は96kmにも及ぶ。

湖部分と根室海峡とを隔てるのが、南北から伸びる砂州。

北の別海町側から伸びるのが走古丹(はしりこたん)。

南の根室市側の砂州が、春国岱(しゅんくにたい)。

湖の周囲には自然豊かな湿原が広がり、

野鳥・渡り鳥・野生動物・草花の宝庫。

野付風蓮道立自然公園の一部であり、

ラムサール条約の登録湿地にもなっている。

汽水湖らしくプランクトンが豊富で、

コマイ・ニシン・ホッカイシマエビ・アサリ・ホッキ貝など

多くの魚や貝類などが獲れる。

コマイ

コマイは、北の海に住むタラの仲間。

マダラ・スケトウダラに比べると小さめで、

40cm前後がメイン。旬は冬場。

コマイはアイヌ語での呼び名で、

当て字をして氷下魚と書く。

北海道の湖は冬に湖面が凍るところが多い。

その厚い氷の下を泳ぐので、氷下魚。

寒い海に特化した魚で、

水温が0℃以下でも血液が凍らないという機能をもつ。

夜行性で群れを作って泳ぐ。

タラ類らしく鮮度の落ちが早いので、

干物にされることが多く、練り物に加工されたりもする。

産地に近ければ、鮮魚でも流通する。

その身は、特有の香りを持つ。

カッチカチに乾燥した干しコマイは凶暴なので

ハンマーなどで立ち向かう。

身が柔らかくなったら、そのまま、もしくは炙って食べる。

マヨネーズとの相性抜群。

コマイの名がおつまみとして有名な理由。

食べやすくスライスしたものや、

調味液に漬けてしっとりしたものも販売される。

いい出汁も出るので、汁物にするのも良い。

一夜干しは、水分が程よく抜け、身も味も締まる。

焼いて食べたり、フライにしたりすると美味しい。

身をほぐしてパスタなどに混ぜるのも良い。

生のコマイならば、お鍋や煮付けに塩焼きなど。

身が柔らかめなので煮込み過ぎに気をつけよう。

タラ類らしいホロホロとした食感と

淡白な身の旨さが楽しめる。

タラといえば卵・白子。

コマイからも、小ぶりながら取れる。

白子は天ぷら、お鍋や味噌汁に。

卵は煮付けにしたり、味付けしてご飯の供にもなる。

氷下待網漁

風蓮湖のコマイといえば、漁の仕方も特徴的。

風蓮湖も冬が来れば湖面が凍結し、厚い氷に覆われる。

漁のための船は出せなくなるが、

湖面がしっかり凍れば車も走れる。

そのため真冬は車やスノーモービルが漁の主役となる。

分厚い氷に直線状に穴を開けて網を仕掛け、

泳ぐコマイの群れを狙うという漁法が、

氷下待網(こおりしたまちあみ)漁。

漁が始まったのは明治から。

氷に穴を開けるのも大変なので、

チェーンソーなどの機械が使われる。

漁の後には、エサを求めて

オオワシなど多くの鳥が集まって騒がしいことに。

湖の上を車が走り漁を行うという、

その特徴的な光景は風蓮湖の冬の名物。

北海道遺産にも選ばれている。

風蓮湖ではコマイ以外にも、ワカサギやチカ、ニシンなどが獲れる。

安定した漁業のためには、資源量を把握し獲りすぎないようにし、

湖の内外の環境整備も平行して行う必要がある。

宝の持ち腐れにならないようPR・販促も大事。

氷下待網漁の見学や体験なども冬の観光に繋げていきたい。

氷下待網漁は、風蓮湖の隣の温根沼(おんねとう)、

オホーツク沿岸のサロマ湖でも行われる。

外部リンク

根室湾中部漁協

漁協の紹介

根室市

自治体公式サイト

根室市観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「春国岱 アサリ」

関連名物

根室のサンマ

サンマ水揚げ日本一

落石しお風さんま

落石漁協のサンマブランド

一本立ち歯舞さんま

歯舞漁協のサンマブランド

根室のハナサキガニ

北海道東部限定の名物カニ

はぼまい昆布

色々取れて、加工品の展開にも力を入れる

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/十勝・釧路・根室

タグ: ,