豊富町のホッキガイ

北海道北部、日本海に面する豊富町。

ここの名物の一つがホッキ貝。

町のイチオシとして地元グルメやイベントなども開催される。

ホッキ貝

おおきく育つ二枚貝の一種。

正式にはウバガイという名前だが、

ホッキガイの呼び名のほうが定着している。

当て字して「北寄貝」とも書かれるとおり、

北海道がその生産量の大部分を占める。

冷たい海の砂底が生息地。

産地も多く、苫小牧などが有名どころ。

火を通すと身の一部が赤くなるのが特徴。

寿司屋の写真などで見たことはある、という人は多いのでは。

強い歯ごたえがあり、刺身や寿司に用いられることが多い。

火を通し過ぎると固くなる性質をもつので、

さっと湯通し程度にして調理される。

うまいことやればしっかり火を通す料理にもできる。

各産地では地元グルメに採用されることも多く、

炊き込みごはん・ステーキ・フライ・カレー・シチューなど

たくさんのメニューが創作されている。

豊富町のホッキ貝

北海道北部、稚内市の南にある豊富町。

北部日本海に面した町で、

規模は小さいながらしっかり漁業が営まれている。

豊富町の前浜ではホッキ貝がよく育ち、

稚咲内(わかさかない)漁港ではたくさんの水揚げがある。

漁期は産卵期の初夏を除き、年中行われ、

安定した水揚げ量がある。

ホッキ貝資源の維持のため、

稚貝の放流や漁場管理なども行われる。

豊富町では、ホッキ貝のほかに、

サケ・マス・タコ・ヒラメ・カレイ・カスベなども獲れる。

グルメ・イベント

豊富町の特産として、ホッキ貝をメインにした

地元グルメの開発やお祭りなども行われる。

豊富ホッキチャウダー

2010年スタートの豊富町ご当地グルメ

和風だしをきかせたミルクベースのスープに

豊富町産ホッキ貝と北海道産野菜がたっぷりのクラムチャウダー。

さらに、ホッキを乗せたサラダ感あふれるサンド、

豊富町は牛乳も名物なので、地元チーズを使ったサラダ、

はまなすのジャムを使った牛乳ジュース、がセットになる。

豊富町の名物を集めた地元グルメの名に恥じない構成。

各地のグルメイベントにも出店している。

一応、チャウダーについて。

アメリカ発の具だくさんスープ。

日本でいえば味噌汁と鍋物の間くらいな存在?

ミルクスープ・トマトスープなどをベースに、

ジャガイモやベーコンなどが基本的な具材。

広いアメリカでは場所により様々なチャウダーが作られる。

二枚貝を入れたクラムチャウダー、

白身魚を入れたフィッシュチャウダー、

スイートコーンを入れたコーンチャウダー、

煮たインゲン豆を入れたビーンチャウダー、など。

豊富町の場合、二枚貝のホッキ貝を使うので、クラムチャウダー系。

初夏の禁漁明けには、「豊富町ホッキまつり」も開催される。

北の短い夏本番を告げるお祭りで、

だいたい7月後半に行われる町の一大イベント。

港直送の新鮮なホッキ貝がもちろん主役。

たっぷりお安く買える即売会や

カレー・おこわなどホッキ貝料理の露店も人気。

よさこい披露やステージショーなどもあるヨ。

外部リンク

宗谷漁業協同組合

漁協の紹介

稚内漁業協同組合

漁協の紹介

豊富町

自治体公式サイト

豊富町観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索 「豊富町 ホッキ貝」

関連名物

宗谷のタコ

ミズダコ水揚げ日本一

活けジメ鮭・宗生

秋限定の味 締め方にこだわり

宗谷の活ホタテ

宗谷海峡の荒波にもまれたホタテ

宗谷産天然手摘み糸もずく

初秋限定 手摘み漁

稚内の銀杏草

厳寒の時期に採れる天然海藻

稚内のナマコ

高級食材として輸出される

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/オホーツク・宗谷

タグ: ,