稚内オオナゴ

北海道の北、稚内では大ぶりのイカナゴが獲れる。

地元ではオオナゴと呼ばれ、水揚げ量も多い。

これまでは注目度が低かったが、

稚内の新しい名物としてグルメ開発などが進行中。

オオナゴ?

一般的にな名前はイカナゴ。

北海道から九州まで広く日本各地で水揚げがある。

見た目は、サンマやカマスに似た細長い魚で、

2・3年ほどで20cm位に成長する。

北方系の魚で冷たい海のほうが好み。

海の砂泥底で生活していて、

プランクトンを食べて成長する。

水温が高い時期は砂に潜って夏眠に入る。

イカナゴはイワシやアジなどとともに

海の食物ピラミッドの土台を支える魚。

しかし、獲り過ぎや海の環境悪化、

海砂の採集で生活場所が壊されるなどの原因により、

その生息地・漁獲量は減少している。

イカナゴを食べる魚の水揚げ量にも影響が大きいため、

漁獲量や漁期の制限なども行われる。

小さなイカナゴは、

東日本で「コウナゴ(小女子)」、西日本で「シンコ(新子)」。

大きくなったものは、

北海道「オオナゴ(大女子)」、東北で「メロウド(女郎人)」、

西日本では「フルセ (古背)」、「カマスゴ(加末須古・かます子)」、

「カナギ(金釘)」などと呼ばれる。

食用の魚として人気がある魚。

そして小さいほど価値が高い。

神戸周辺で作られる「いかなごの釘煮」は有名。

春の旬グルメの一つとなっている。

2cmほどの稚魚は水揚げ後すぐに釜揚げにされる。

また、それを乾燥させたちりめんの状態でも流通する。

およそ4〜5cmの大きさのものを釜茹でにし、

酢醤油などをつけて食べる。

大きめのものは、魚っ気も骨も強くなってくるので、

からっとフライにして食べると丸ごといける。

刺身やじっくりと煮込んだ佃煮にしても旨い。

干物にすると味わいも強まる。

煮干しにされたりもする。

香川県では、イカナゴを原材料とした魚醤「いかなご醤油」も

作られていた。一時途絶えたが、最近復活。

直接目には触れない場所でも活躍。

成魚になったイカナゴは養殖魚の餌として重要な存在。

養殖の盛んな瀬戸内海などで多く消費される。

稚内・宗谷の海

北海道で一番北の地として有名な稚内市。

最北の地・宗谷岬と

北のカラフトとの間にある狭い海峡が宗谷海峡。

この海峡は、狭いうえに水深も浅め。

日本海を北上してくる暖流である対馬海流が

宗谷海峡を通り、東のオホーツク海に流れ込む。

冷たい海と温かい海の交差点といえる場所で、

そうした場所はプランクトンも豊富。

宗谷の海では、たっぷりの栄養を摂り、

強い潮の流れの中で育った魚が獲れる。

稚内・宗谷のオオナゴ

北海道では、成魚になったイカナゴのことを、

オオナゴ(大女子)と呼ぶ。

稚内では、広く日本各地に生息する普通のイカナゴの他、

北海道以北の海に住むキタイカナゴも獲れる。

骨や背びれに違いがあるが、

よく似ているので、扱いは一緒にされる。

他地域のイカナゴは20cmくらいまでだが、

稚内で漁獲されるオオナゴは25㎝オーバーにもなる。

このくらいまで育つのは宗谷周辺だけ。

寿命も長く、6年ほど生きる。

稚内のオオナゴ水揚げ量は日本一。

年間で2万t以上の水揚げがある。

漁期の中心は夏場。

小さいサイズのものは棒引き網漁、

大きなものは沖合の砂底から底曳き網漁で漁獲する。

水揚げ量はたくさんだが、これまではその大部分が

ハマチなどの養殖魚の餌として出荷されてきた。

食用としてはあまり注目されてこなかったが、

その身は脂たっぷりで、

体に良さそうなEPH・DHAやタウリンも豊富。

大きくなるのは宗谷だけ、というのもあり、

稚内・宗谷の名物グルメとして開発が行われている。

鮮度の高いものは、刺身が旨い。

脂のりの良さ、甘さと独特の風味が合わさる。

昆布〆にし、昆布のうまみを上乗せしたものも美味。

開いて干物にしても良い。

水分が抜けて旨みが凝縮し、焼けば香ばしさも加わる。

フライにすれば、魚くささも取れ、さっくりと食べやすい。

形がさんまに似ているので、蒲焼きなどにも向く。

稚内独自グルメとして、おおなご棒寿司や

おおなごヒツマブシ丼なども開発されている。

さらに米麹と合わせ、オオナゴ魚醤も作られている。

さらなるグルメや商品の開発・情報発信など、

稚内の名物としてその存在を広めていっていただきたい。

有名になれば、資源量調査・維持なども期待できますし。

外部リンク

宗谷漁業協同組合

漁協の紹介

稚内漁業協同組合

漁協の紹介

稚内市

自治体公式サイト

稚内市観光協会

観光・イベント・特産情報など

Google検索 「稚内 オオナゴ」

関連名物

宗谷のタコ

ミズダコ水揚げ日本一

活けジメ鮭・宗生

秋限定の味 締め方にこだわり

宗谷の活ホタテ

宗谷海峡の荒波にもまれたホタテ

宗谷産天然手摘み糸もずく

初秋限定 手摘み漁

稚内の銀杏草

厳寒の時期に採れる天然海藻

豊富町のホッキガイ

地元グルメにも使われる名物

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/オホーツク・宗谷

タグ: ,